FC2ブログ

枯れ木に花を咲かせましょう

桜土手

広島市街は太田川が7本の支流に分かれて流れるデルタ地帯です。
市内を車で東西に走ると、川を何度も横断することになります。
その川土手には桜が植えられているところが多く、ちょうど今頃は綺麗な風景が見られます。


KN1_3413.jpg

ここは基町河川公園、旧太田川の原爆ドームから100mほど上流になります。
すぐ横は旧広島市民球場跡地です。
両岸に桜が植えられていますが、この左岸は鯉城桜土手と名付けられています。


KN1_3426.jpg

川土手の堤外地側は緩斜面で芝生が綺麗に刈られていて、市民が桜と川面を眺めてくつろいでいます。
相生通りを挟んで平和公園、原爆ドームがすぐ近くですが、ここには観光客が来ないようで静かです。


KN1_3430.jpg

河川敷は石畳になっています。
旧太田川ではこの高水敷まで流れることはまずないので、ゴミひとつなく気持ち良いです。


KN1_3442.jpg

観光客を乗せた2隻の水上タクシーがやってきました。
両岸の桜を見物していますが、桜土手からは逆に市民に見物されています。


KN1_3437.jpg

市内にはあちこち桜土手がありますが、この鯉城桜土手が市内中心で便利良く静かで気に入ってます。
桜と川面を眺めながら弁当を食べ、芝生にゴロっと寝転がると仄々とした気分に浸れます。


KN1_3439.jpg

下流側に相生橋が見えますが橋の向こうは平和公園です。
橋の傍が爆心地ですが、1945年8月6日午前8時15分原子爆弾がさく裂したところです。
この平和な風景を眺めていると、73年前に起きた悲惨な出来事に心が痛みます。


KN1_3459.jpg

こちらは平和公園から相生橋を見ています。


KN1_3457.jpg

平和公園内の川端でも花見客が沢山います。
鯉城桜土手とは100mほどしか離れていませんが、花見客の密度が違いますね、そして騒がしいです。


KN1_3470.jpg

原爆ドームと重ねて見ると桜も物悲しいですね。
鯉城桜土手の方が春らしい風景が楽しめます。









スポンサーサイト
  1. 2019/04/07(日) 13:05:46|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今朝は最低気温が4℃と花冷えの寒さでしたが、桜は満開になりました。
桜の季節はまだ寒いので好きではないのですが、満開の桜は良いですね。


KN1_3397.jpg

自宅の裏の道路際に桜が咲いています。
標高が130mありますが、この辺りの桜も満開になりました。


KN1_3386.jpg

山の頂上で車が通らない道路なので、道端でゆっくりと花と風景が楽しめます。
空気は霞んでいます。
春霞なら良いのですが、黄砂のようです。
外に駐車してる車が泥だらけになってます。


KN1_3395.jpg

ここは自宅からちょっと下にある観音堂です。
椅子とテーブルが並べてありました。
時々ここに来るのですが、めったに人に出会いません。
正面の瀬戸内海に宮島が見えています。
花見で一杯やるには最高の場所ですね。
明日は最高気温が20℃超えの予報です。
日本酒ワンカップとつまみを持ってまた来てみましょう。








  1. 2019/04/04(木) 16:05:47|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近隣のマリーナ

広島観音マリーナ以外に広島市内には数か所の大規模なマリーナがあります。
観音マリーナは係留保管隻数が367隻ですが、それを超えるものも3ヶ所あります。
いずれも広島県が整備したものです。
広島市は三角州の上に成り立っており、太田川水系の河川がタコ足のように何本も流れています。
昔から河川内にプレジャーボートの不法係留船が多く繋がれて日本全国ワースト・ワンと云われていました。
2010年くらいから不法係留船をなくすため、その受け皿としてプレジャーボートの係留施設が整備されてきたのです。


五日市メープルマリーナ

20190316-KN1_3214.jpg

広島市佐伯区にある収容規模703隻のマリーナです。
開業当時は五日市漁港フィッシャリーナという施設名で、もとは漁港区域であったところです。
いまは五日市メープルマリーナと呼ばれています。


20190316-KN1_3228.jpg

陸上保管ヤードも広いですね。


20190316-KN1_3230.jpg

クラブハウスというか、管理等は小さなものです。
海の駅とかにもなっているようですが、質素な感じです。


20190316-KN1_3227.jpg

係留は小型船が多いようです。
漁港を兼ねているのか漁船も係留しているみたいです。


20190316-KN1_3218.jpg

この広島はつかいち大橋をくぐって瀬戸内海に出ていきます。
橋の向こう右側に宮島が見えています。


廿日市ボートパーク

20190316-KN1_3244.jpg

こちらは廿日市ボートパークです。
五日市メープルマリーナの斜め向かいで、広島はつかいち大橋を渡り広島市域を出て廿日市市になります。
私の自宅からは一番遠くて13kmほどあります。


20190316-KN1_3245.jpg

収容隻数は575隻でセーリングボートも多く係留しています。


20190316-KN1_3248.jpg

陸上保管ヤードはなく、駐車場はありますがクラブハウス的なものはありません。


ボートパーク広島

20190316-KN1_3258.jpg

広島市中区の吉島地区にあるボートパーク広島です。
収容隻数は515隻で、もと貯木場であったところに整備されています。


20190316-KN1_3253.jpg

整備工場なども近接してあります。


20190316-KN1_3255.jpg

大型のモーターボートが多いようです。


20190316-KN1_3262.jpg

2階建ての瀟洒な建物があり、1階には休憩所などもあり、2階にはレストランもあります。


20190316-KN1_3264.jpg

展望タワーのような階段を上がっていくとマリーナが見下ろせます。
係留バースはほぼ満杯のようです。
都市高速の向こう側もマリーナとして整備されるようになっていましたが、どうなのでしょう。
まだ着手されていません。


2014年に河川法が改正されて不法係留船はほとんどなくなりました。
広島県が整備したプレジャーボート係留バースは増えましたが、さほど満杯にはなってません。
あのおびただしい数の不法係留船はどこに行ったのでしょうか?








  1. 2019/03/19(火) 13:18:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

広島観音マリーナ

天気が良いので海が見たくなり、自宅から15分ほどのところにある広島観音マリーナに行ってみました。


20190315-KN1_3108.jpg

マリーナにはマリーナホップというアウトレットモールが併設されて、海浜公園などもあります。
車は広大な無料の駐車場に停めます。


20190315-KN1_3097.jpg

時にはイベント会場にもなる芝生では、のんびりと犬を散歩させる人がいました。


20190315-KN1_3107.jpg

アウトレットモールのレストランがマリーナに面して建ち並んでいます。
マリーナやその向こうの瀬戸内海の島々を眺めながらの食事も良いですね。


20190315-KN1_3099.jpg

レストラン群の隣にはマリーナサーカスという遊園地があり、観覧車も見えます。


20190315-KN1_3121.jpg

マリーナを見渡す展望台があります。
椰子の木の間に宮島が見えます。
マリーナは空きバースが目立ち、以前のようなプレジャーボートの賑わいがないようです。
やはり景気は良くないのでしょうか。


20190315-KN1_3112.jpg

レストラン街も閑古鳥。
いくら平日とは言え、ちょうどランチタイムです。
ただ海を見に来た私にとっては好都合、静かで落ち着いて散策できます。


20190315-KN1_3125.jpg

ウォーターフロントデッキも人ひとりいません。


20190315-KN1_3165.jpg

これは接岸桟橋にも見えますが、じつは浮防波堤です。
1基100mの浮体を3基繋いで300mになっている珍しい防波堤です。


20190315-KN1_3163.jpg

なんか、ゴチャゴチャと注意書きがあります。
読んでみると、この浮防波堤で魚釣りをしてくれということらしいです。


20190315-KN1_3147.jpg

先端まで行ってみると、一人だけ太公望がいました。
何十億円掛けた設備か知りませんが、贅沢な魚釣りが味わえますね。


20190315-KN1_3158.jpg

浮防波堤の外港側には係船曲柱が埋め込まれていました。
250KN 250キロニュートン???何とかしてもらえませんかね、このSI単位とかいうやつを!
newton ??? 「新しいトン」ではないですね、アイザック・ニュートンの事らしいです。
250KN×0.102=25.5ton・f
要するに25トンボラードだということですね。
1000GT(総トン)クラスの船を括りつけるつもりです。


20190315-KN1_3174.jpg

陸側をよく見ると宮島行きの船の待合所がありました。
なるほど、ここから宮島航路の船が出てるのですね。


20190315-KN1_3142.jpg

浮防波堤の背後に観覧車が回っていました。
もちろん誰も乗っていません。


20190315-KN1_3135.jpg

カップのような乗り物も暇そうです。


20190315-KN1_3176.jpg

マリーナサーカスも開店休業状態。


20190315-KN1_3130.jpg

ジェットコースターが無人で走るのを見てみたいです。


20190315-KN1_3178.jpg

開業当時はアウトレットモールだったショップ群もいまは、ペットの病院や昭和を思わせる店などに様変わりです。
そしてほとんど客がいません。
「思い出横丁」なんて店もありました。
静かなショッピングモールです。

しかし、私は好きですね、立派な施設に人がいないこの雰囲気が。
開業から経営母体が2度ほど替わっていますが、廃業せずにいてほしいですね。












  1. 2019/03/17(日) 15:04:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

おとなびパス 二条城

仙洞御所の参観を終えて、広島に帰るにはまだ早いので二条城に行ってみました。
御苑から二条城は近いです。
地下鉄烏丸線丸太町から烏丸御池で地下鉄東西線に乗り換え二条城前駅まで5分です。


20190209-KN1_2917.jpg

二条城前駅で地上に出て信号を渡ると二条城東南隅櫓で、右奥に見えるのが東大手門で観覧の入城口です。


20190209-KN1_2858.jpg

東大手門の前を通り過ぎて事務所で入城券を買います。
一般は600円で二の丸御殿の観覧料を含みますが、4月からは別料金になるようです。
入城料600円と二の丸御殿観覧料は400円、値上げですね。


20190209-KN1_2859.jpg

さすがは城の大手門、御所とは門構えが違います。


20190209-KN1_2912.jpg

大手門を入って左に回り込むと唐門があります。


20190209-KN1_2865.jpg

二の丸御殿の入口です。
オフシーズンとはいえ土曜日、三連休の初日で人は多いです。


20190209-KN1_2868.jpg

二の丸御殿内部はもう2度ほど見ているのでパスして、庭から外観を見ます。


20190209-KN1_2869.jpg

二の丸御殿は6棟の建物が雁行形に並んでいます。


20190209-KN1_2877.jpg

明治になって皇室の二条離宮となったわけですが、もとは徳川の城、菊のご紋の下には葵の紋が隠されているそうです。


20190209-KN1_2878.jpg

縁の板張りも質実剛健といった趣です。


20190209-KN1_2879.jpg

二の丸庭園です。


20190209-KN1_2880.jpg

二の丸庭園は小堀遠州作の書院造庭園です。


20190209-KN1_2888.jpg

本丸御殿です。
外堀の中のさらに内堀に囲まれた本丸にあります。
明治になって京都御所の北東にあった桂宮御殿を移築したものだそうです。


20190209-KN1_2890.jpg

本丸の天守閣跡から本丸御殿を見下ろします。
一部は足場の仮囲いで修繕中のようです。


20190209-KN1_2893.jpg

本丸を囲む内堀です。
昔によくこんな石積ができたものと感心します。
現代でもこのように築造するのは難しい、というか費用を考えるとできないでしょうね。


20190209-KN1_2902.jpg

城内を一周して二の丸御殿に帰ってきました。
西南隅櫓付近には梅林もありますが、やはりここの梅もまだ開花は早かったです。

おとなびパスの旅はこれで終わりました。
地下鉄二条城前駅から二条駅でJRに乗り換え京都駅に向かいます。
京都駅の嵯峨野線ホームは駅の西端にある31番から34番の終着ホームですが、
同じところの30番ホームは関西空港特急「はるか」の終着ホームです。
丁度「はるか」が出るところでしたので自由席車両に飛び乗って新大阪に向かいます。
おとなびパスはJR西日本の管内しか使えません。
新幹線京都~新大阪間はJR東海なので乗れませんが、
在来線京都~新大阪間はJR西日本ですからどんな特急でも乗ることができます。
新大阪から博多行きのぞみの自由席に乗りましたが、3連休のためか超満員、客室内にも入れずデッキに立ちん棒です。
たまらず新神戸で下車して5分ほど後の広島止めののぞみに乗車します。
こちらは自由席ガラガラでゆったりと広島まで帰ることができました。

以前、おとなびパスでJR西日本管内在来線の最も東の駅になる大糸線南小谷駅まで行ったことがあります。
南小谷駅はJR東日本管内と接している珍しい駅です。
昔は北陸本線直江津駅がJR西日本管内で再東端の駅でしたが、
いまは「えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン」の駅になってしまいました。
昔、と言っても10年くらい前までは青春18切符で信州松本まで行ったりしたことがありましたが、
流石にこの年では青春18というい名称に抵抗を感じますし、元気もありません。
いまはおとなびパスを楽しんでいます。

でもJR東日本には「大人の休日倶楽部パス」、JR東日本全線4日間乗り放題15,000円!
とか、JR東日本全線+JR北海道全線5日間乗り放題26,000円!
とか、JR北海道全線5日間乗り放題16,250円!だとかあるんですよねー。
西高東低の運賃です、JR西日本ももっと頑張ってほしいですね。










  1. 2019/02/20(水) 12:13:01|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

花咲か爺

Author:花咲か爺
日記帳はいつも最後まで書いたことがなかったし、ウェブログも二度開設したが続かなかった。
三度目のブログにトライで、時折々の雑事を書いて続けられたらよし。
枯れ木も山のにぎわい、花咲か爺が「枯れ木に花を咲かせましょう」。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

未分類 (0)
山 (32)
海 (24)
植物 (30)
動物 (1)
街 (15)
旅行 (35)
神社仏閣 (13)
道具 (59)
パソコン (32)
モバイル (8)
飲食 (38)
買い物 (11)
My Favorite (19)
その他 (17)
写真 (6)
季節 (47)
風景 (6)
観光 (1)
DIY (4)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR