枯れ木に花を咲かせましょう

Chrome Cast

Google の Chrome Cast を使ってみました。

昨年、日本国内でも発売されて以来、ちょっと興味を持っていました。
ネットでいろいろなレビューを見てみるとなかなか評判が良いようです。
ネット通販で Google ストアーの他、10社ほどの正規販売店で購入可能ですが、
近くのビックカメラに電話してみると、店頭販売もしているということで早速買ってみました。
販売価格統制をしているのか、どこで買っても同じ価格の4,200円+消費税で4,536円です。


20151230-NKN_0252.jpg

箱を開けると、Chrome Cast 本体のほか HDMI 延長ケーブルと充電アダプター、USBケーブルが入っています。
説明書は蓋の裏にちょっと書かれているだけです。


20151230-NKN_0261.jpg

早速TVに Chrome Cast を取り付けます。
本体がHDMIプラグになっているのですが、回りが大きくてTVのHDMIソケットに浅くしか挿さりません。
なので、延長ケーブルを使ってセットします。
電源はアダプターを使わず、TVのUSBポートから給電します。
これでTVのほうは準備完了です。
あとはTVのスィッチをONにして、入力切り替えで Chrome Cast をセットしたHDMI 入力を選択します。

つぎに、スマホあるいはタブレットに Chrome Cast アプリをインストールします。
私の場合、Nexus7 にインストールしました。
WiFi環境は必須ですね。
この第一世代の Chrome Cast はWiFi 2.4Ghz の電波に対応しています。
第二世代(日本未発売)の Chrome Cast では5Ghz帯に対応しているようです。

TVの入力を Chrome Cast にすると、 Set me up というサインが出てセットアップを促してきます。
Nexus7 でChrome Cast アプリを立ち上げて、まずはWiFi の接続をセットアップします。
SSID が表示されるので、それに対応したパスワードを入力し接続します。
繋がると Chrome Cast が自分自身をアップデートします。
アップデートが終わると再起動して、Sweet! You are ready to Cast. と表示されセットアップは終了です。
この間しばし時間がかかり画面が変わらないことがありますが我慢して続けます。
詳しくは下記サイトで分かりやすく説明してくれていますので参考に。

ANDROIDLOVER


以上でCastが可能になります。
Chrome Cast 対応アプリとしては、Youtube、Playムービー、Playミュージックなど、もう数えきれないくらいありますが、
まず、 Youtube を試してみました。


20151230-NKN_0272.jpg

Nexus7 で Youtube アプリを立ち上げると、右上に今まではなかったキャストボタンが出来ています。
キャストボタンを押すとTVにも Youtube が映し出されます。


20151230-NKN_0275.jpg

画像を読むのに2-3秒かかりますがその後は途切れることもなく再生されます。


20151230-NKN_0281.jpg

画像タイトルの切り替えもスムースです。
写真では画像にモアレがかかっていますが、これは写真にかかっているだけで、TV 画像はきれいです。
最近は Youtube もHD画像でアップされている動画番組が多く、本当にきれいです。
音声はTVのスピーカーではなく、AV アンプから出力しています。
7.1チャンネルシステムですが、ステレオ番組では前面2つのスピーカーから音声が出ます。
Youtube の音質はアップロード動画にもよりますが、TV放送よりずっと良いですね。

Youtube 以外ではいまのところ、TuneIn Radio をキャストしています。
これはインターネットラジオ を聞くアプリですが、10,000局以上のFM放送局を聞けます。
音質は良いです、もともとFM放送ですし、雑音が入るラジオなんてもう昔話ですね。
クラッシックでもジャスでもそのジャンルの曲だけ流している局も多いです。
トークはほとんどないか全くない局もあり、コマーシャルはまずありません。


Screenshot_20151230-102138.png

クラッシックではショパン、モーツアルト、ベートーベンとその作曲家に特化して流している局もあります。

インターネットラジオはネットワークプレイヤーでも聞けますが、リモコンは使いにくいし、
スマホ、タブレット端末の専用アプリでも操作できますが、
Chrome Cast でTVの大きな画面で選曲するほうが楽です。
情報量も Chrome Cast アプリのほうが多くて使いやすいです。

ちょっとお金を払えば有料の映画や音楽がいつでも好きな時に視聴できるのも良いですね。
もともとTVは、とくに地デジの民放は全く見ませんでしたが、
この Chrome Cast があればTV画面に向かうことも多くなると思います。


20151230-NKN_0288.jpg

このように端末から操作するわけですが、大きな画面で見れるのは老眼の爺にはうれしいです。
この Chrome Cast アプリの背景画像(壁紙)は数分おきに変わりますが、
いまのところ同じものが出るということはなく美しい壁紙が観れます。

PC の世界でもネットワークはとりわけ難しいのですが、今はこのように一般家庭でも普通にネットワークを使っています。
有線LAN 、無線LANでインターネットはもちろん、複数のPC、プリンター、ネットワークプレイヤー、TV、電話、等々。

20151230-NKN_0292.jpg

気づけば我が家もネットワークのスィッチングハブのポートが不足し、一台追加しています。

56K モデムでインターネットに繋いで何万円も電話代払ったり、
自作PC 2台を peer to peer で通信出来て喜んだり、
そんなこともついこの間の出来事のような気がするのですが…。







スポンサーサイト
  1. 2015/12/30(水) 13:29:50|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

青空文庫

11月30日から6日間入院していました。
急性肝炎ということでちょっと難儀やな…、と思ったのですが、
原因は総胆管結石が悪さをしているということでした。
無事石ころを除去できたのですが、入院というのは21歳のころに虫垂炎で入院して以来です。

広島では一、二を争う規模の大病院で、コンビニはもちろんレストラン、洒落た喫茶兼ベーカーリーの店、
そして受付の大ホールにはドトールまで出店しています。
部屋もきれいで、電動ベッドの脇には収納庫はもちろん、TV、冷蔵庫もあります。
看護師は親切で、医師の回診も一日数回来てくれます。
病院食もこの価格でええのか?というくらい美味しい。
フルサービスのホテルというとこでしょうか。

しかし、退屈なのです。
TVも好きではないし、手術後はあまりウロウロできないし。
タブレットを持っていってましたので、読書をすることにしました。
SONY Experia Z Ultra 6.4インチの画面でちょうど文庫本くらいのサイズです。
ステレオヘッドフォンももっていってましたので、読書のバックグラウンドでJAZZを聞きます。

青空文庫の無料本で、元気な時には絶対に読まないと思うものを読んでみることにしました。


Screenshot_2015-12-06-17-29-14.png

与謝野晶子訳の「源氏物語」、口語訳なので読みやすいです。
光源氏というのはイケメンのモテモテと思っていましたが、意外と女性に苦労もしているようです。
他にも読んでみましたが、古典や純文学の読書なんて数十年ぶりです。

青空文庫はスマホ、タブレットでは青空文庫アプリのほか、
Google playブックや Amazon Kindle アプリでもダウンロードして読むことができます。
作者の死後50年を過ぎ著作権が消滅した本に限りますけど。

ところで来年は谷崎純一郎没後50年で、青空文庫で無料公開されるのを楽しみにしていますが、
例の TPP で著作権の保護期間が80年に延ばされることになりました。
一体どうなるんでしょうか?
あと30年待てと言われても待てませんけど…。


Screenshot_2015-12-06-17-27-03.png

石川県出身の哲学者、西田幾多郎先生の本も読んでみました。
「絶対矛盾的自己同一」、タイトルからして頭が痛くなるようですけど、
それでもヒマは間違いなく潰れました。
これ、誰か凡人向けに訳してくれないでしょうか?

私の生きがいといってもよい晩酌も、「当分は禁酒!!!」とのお達しです。
家にはエールビール、清酒立山、ジャクダニエル、ソノマのピノノワールなど在庫が山積みです。
急性肝炎と言われたときは全部キッチンのシンクに流そうと思いましたが、軟弱なためできませんでした。
この山積みの酒を見ながら、素面で過ごすのもつらいです。







  1. 2015/12/06(日) 20:19:04|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

MVNO

現在、私のモバイル使用状況は、NTT-DOCOMO のガラケー1台と、ファブレットが1台です。
ファブレットは SONY Xperia Z Ultra C6833 ですが、6.4インチディスプレイで老眼の爺にも優しい大きさです。
片手で持つにもちょうど良い大きさで、裏に i-Ring という指を入れるリングをつけています。
この i-Ring はなかなかの優れもので、中指または薬指を入れて持つと力を掛けなくても楽に固定できます。
それにこの Xperia はストラップを通す穴が開いていて、長めのストラップを通しておくと落下防止になります。
登山のときなど安心です。

この Xperia はグローバル機種のスマートフォンで SIMフリーです。
Docomo の SIM を差せば Docomo のスマホに、
SoftBank の SIM を差せば SoftBank のスマホになります。
もちろん、そんなキャリアの SIM を差して高い通信料金を払ったりはしません。
MVNO : Mobile Virtual Network Operator (仮想移動体通信事業者) の格安利用料金が設定されている SIM を使います。
私の場合はOCN モバイル ONE という SIM を使っています。
OCN モバイル ONE にも4種類あり、私は SMS 対応の SIM を使っています。
携帯電話番号を持っていてショートメッセージが使えます。
そして SMS 付き SIM はセルスタンバイ問題という、携帯電話機能が無駄に電池を消費するという問題を回避できるのです。
音声通話ができる SIM もありますが、あの6.4インチの画面を耳に当てて通話するのも不細工ですし、
ブルートゥースで通話するのも人が見たら独り言を言っているように見えて不格好です。
なのでガラケーと2台持ちということに落ち着いています。

月額利用料金は、音声通話をあまりしないので Docomo のガラケーが約1100円(税込)、OCN モバイル ONE は実家の妹と2台の端末で契約していますが、通信容量 110MB/日 のコースで約1600円(税込)です。
合計2700円/月でキャリアのスマホ料金より随分安く済んでいます。

ところで通信容量110MB/日ですが、2年前の契約時は40MB/日でした。
それが70MB/日に増量され、今年の4月からは110MB/日に増やされて、月額利用料金は据え置きです。
もちろん通信電波はDocomo の LTE Xi の高速通信電波で、1日分のあまった容量は翌日に繰り越せます。
LTEの110MBを使い切ると 遅い3G電波で繋がり使い放題ですが、インターネット閲覧は厳しいですね。
メールなら使えるので3Gも使い道はあります。
ただ、私は今まで1日110MBのLTEを使い切ったことはほとんどありません。
オーバーしたとしても前日からの繰り越し分がありますから、LTEが容量オーバーで通信できなくなったことは経験していません。


Screenshot_2015-07-29-13-58-22.png

現在の通信使用量がアプリで判るようになっています。
110MB/日ですがアプリでは115MBの容量が表示されますサービスでしょうか。
2日間まるまる残っていると230MBになります。
自宅では当然 WiFi 通信になりますから、LTEは使いません。
なので動画でも見ない限り、この 110MB/日を使い切るのは無理ですね。


Screenshot_2015-07-29-14-11-43.png

7月の実績を見ても旅行(立山行き)のとき1日110MBをオーバーしただけです。
ま、外に出てもフリーで WiFi が使えるところもありますから、LTEがオーバーしても何とかなりますけど。


Screenshot_2015-07-29-14-16-33.png

先日の立山山行のGPSログです。
これはGPS電波さえつかめば地図はスマホにダウンロード済みですから通信電波は不要です。
昔は紙の地図で自分の位置を特定するのはなかなか難しかったのですが、これがあれば刻々と現在位置を知ることができます。

便利な世の中になりましたね、マイクロソフトが焦る気持ちはよくわかります。
ところで、WIndows10 のダウンロード配布が今日から始まりました。
Windows7 機も Windows8.1 機もタスクバーの右側にウィンドウズマークが出てダウンロード予約を促しています。
しかし予約しても7と8.1からのアップグレードダウンロードはすぐに始まるわけではありませんし、私はちょっと様子見です。

それに、いま Windows7Pro, Windows8.1Pro, Windows10Pro, Linux Ubuntu14.04LTS の4台を使っていますが、
3台のWindows機を全部 Windows10 にしても面白みがないというか、3台使う意味がなくなってしまいます。
親機と予備機1台の2台あれば足りるので、困ったものです。

マイクロソフトは Windows10 がウィンドウズの最終バージョンだといっています。
これで今までのように Windows が新しくなるたびにOSアップグレードに金をかけることがないと思うと大間違い。
マザーボードチップセット、CPU、メモリー、などシステムが陳腐化してPC本体を変えなければならないので、その時にOSを引っ越すことはできません。
Windows10 は最初にインストールしたPCにしか使えないのです。
この縛りがある限り、今後もPC離れを止めることはできないでしょうね。





  1. 2015/07/29(水) 16:58:01|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Xperia Z Ultra C6833

タブレットですが、Nexus7 (2013) LTE にOCNモバイルONEのSIMを挿して使っていました。
すこぶる快適で文句ない機種なのですが、ただ一点防水でないのが玉にキズです。

いま夏山シーズンですが、昨年もNexus7に「山と高原地図」アプリを入れて山歩きしました。
しかし、雨の日はバックから出して地図を見ることができません。
悪天候の時こそ必要なのですが・・・。

そこで、SONY の Xperia Z Ultra C6833 がかなり値を下げてきたので購入しました、防水防塵です。
グローバルタイプのSIMフリーLTE機で日本国内では発売されていない機種です。
香港のExpansysという商社から個人輸入で買いました。
国内通販と変わらない早さで到着します。

画面は6.4インチで、タブレットとスマホの中間サイズなのでファブレットとか言われています。
Nexus7より縦横少し小さく、片手で楽に持てます。
画面は1920x1080でNexus7が1920x1200ですから、短辺方向が小さくちょうどTVのフルハイビジョン画面レシオです。


_NKN1078.jpg

画面サイズはあまり変わらないのですが、アイコンや字が小さくてNexus7のほうが見やすいですね。
しかし片手で楽に持てる幅で、重量はNexus7の2/3です。
ストラップを通す穴も開いてます。

Xperia Z Ultra に Nexus7で使っていたSMS対応のSIMを挿し、
Nexus7には新しくSMS対応でないSIMを追加して挿しました。
OCNのLTE一日50MBと言うプランで使っていますが、2台で50MBをシェアーするようになります。
Nexus7ではセルスタンバイ問題は起こらないので、通常型のSIMでOKです。
Xperia Z Ultra はセルスタンバイ問題が起こりますがSMS対応のSIMを挿すことで問題を回避できます。

Xperia Z Ultra C6833のCPUはNexus7のより高性能で、動作は早いです。


_NKN1084.jpg

「山と高原地図」アプリをインストールし、Nexus7で購入した地図をダウンロードしました。


_NKN1082.jpg

一度地図を購入すれば同じGoogleアカウントのモバイル機であれば何台にでも地図をダウンロードできます。
当たり前の話かもしれませんが地図自体は同じ大きさで見れて文字も大きさは一緒です。
短辺が短いだけです。
これで悪天候の山でも十分使えます。

2台も必要ないので勿体ないですが、命を守る道具ですから仕方ありませんね。




  1. 2014/08/14(木) 15:26:35|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンドロイドアプリ

朝から大雨に雷、土砂崩れなど災害が起こらなければよいのですが。
こんな日は家に引篭もりです。

今日はアンドロイドアプリで便利なものを取り上げてみます。

まずは、レーダー ナウキャスト。
現在の降水、雷、竜巻の状況をビジュアルに示してくれます。

Screenshot_2014-07-07-15-26-30.png

中国地方の降雨状況です。
局所的に大雨が降ってるようです、まだしばらく続きそうですね。

Screenshot_2014-07-07-15-26-11.png

雷の発生状況です。
広島はまだ雷が続きそうです。

こういった情報はPCでも調べられますが、モバイルのほうが手軽に調べられるし、出先では重宝します。


次は、知らない場所を歩くときなどのお役立ちアプリ。

Screenshot_2014-07-07-14-59-05.png

おなじみの Google Map です。
歩く時もナビゲーターになってくれるので便利です。
知らない街でも迷うことはありません。

compass_20140707_143403.png

コンパスです。
このコンパスはカメラと連動しており、画像で見ている方向の方位を知ることができます。
コンパスと地図があれば鬼に金棒ですね。

Screenshot_2014-07-07-14-42-16.png

Google Earth です。
衛星写真で具体的な地形が把握できます。
これ、内灘町の風と砂の館を真上から見ています。

Screenshot_2014-07-07-16-15-21.png

ストリートビューも観れますが、Google の撮影日には河北潟越しの立山連峰が霞んで見えなかったようです。

Google Map でも航空写真は見れますが、こちらのほうが精細です。
ストリートビューはモバイルの Google Map では見れないようです。
訂正します、見れますが操作はちょっと面倒です。
モバイルGoogleマップでストリートビュー

最後に、こんな雨の日は電子書籍でも読んでヒマつぶしですね。

Screenshot_2014-07-07-14-55-45.png

アンドロイド機の電子書籍リーダーアプリは、Amazon Kindle や青空文庫リーダーなどあれこれとありますが、
私は Google Play ブックが操作しやすいので使っています。
著作権が切れた無料本を読むときは、探しやすい青空文庫リーダーで読んでいます。
PCでも青空文庫の電子書籍が読めますけど、モバイルだと寝転がって読めるので楽です。
スマホじゃちょっと電子ブックを読むのが厳しいですが、7インチくらいのタブレットは読書に向いてます。

まだいろんな便利なアプリがありますが、とりあえずはこのくらいで。




  1. 2014/07/07(月) 15:48:35|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

花咲か爺

Author:花咲か爺
日記帳はいつも最後まで書いたことがなかったし、ウェブログも二度開設したが続かなかった。
三度目のブログにトライで、時折々の雑事を書いて続けられたらよし。
枯れ木も山のにぎわい、花咲か爺が「枯れ木に花を咲かせましょう」。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

未分類 (1)
山 (30)
海 (19)
植物 (24)
動物 (3)
街 (12)
旅行 (26)
神社仏閣 (11)
道具 (53)
パソコン (32)
モバイル (7)
飲食 (31)
買い物 (9)
My Favorite (17)
その他 (10)
写真 (6)
季節 (32)
風景 (6)
観光 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR