枯れ木に花を咲かせましょう

安芸宮島の秋

ローカル新聞に宮島の紅葉が見頃となっていましたので行ってみました。


DSC01719-2.jpg

山裾所々に紅葉が見えています。


DSC01728-2.jpg

潮回りは中潮ですが干潮時で大鳥居まで歩いて行けます。


DSC01730-2.jpg

神殿も足元が露出状態です。
やはり水面に浮かぶ神殿が良いですね。


DSC01735-2.jpg

フェリーは満員で、特にJRのフェリーはジャパンレールパスで外国人観光客が多く、1船待たないと乗れない状態でした。
平日というのに観光客が多いのは紅葉目当てでしょうか。
しかし厳島神社には入らず素通りして行く人や干上がった砂浜を歩く人が多く、拝観者は少ないようです。


DSC01754-2.jpg

紅葉谷ですが、今年のイロハモミジの紅葉は期待外れでした。
紅葉の色はくすみ、葉は縮れて精彩を欠いています。
落葉にも鮮やかさがありません。、


DSC01758-2.jpg

銀杏の黄葉は美しいですね。


DSC01799-2.jpg

大聖院境内ですが、ここもイロハモミジはだめです。


DSC01802-2.jpg

写真に撮るような紅葉はありませんが、太陽の光芒を試してみました。
ニコンD750が来月に保証期間が切れるので調整に出していて、ソニーのRX100で撮っています。
1型センサーでコンデジとしては良好な画質ですが、やはりフルサイズ一眼とは比べれません。
しかし絞り11で綺麗な光芒が出ています。


DSC01794-2.jpg

風情のある水盤ですが、落葉の色合いがいまいちです。


DSC01777-2.jpg

結局、この千畳閣の銀杏が一番見ごたえがありました。


DSC01811-2.jpg

ロープウェイ乗り場にも観光客がいっぱいで、弥山頂上も混雑していると思われるので登山は中止します。
帰りも大鳥居回りを歩いてみました。


DSC01813-2.jpg

厳島神社参拝は舟で大鳥居をくぐって行くのが表参道ですが、歩いて参ることもできますね。


DSC01816-2.jpg

登山靴を履いているとゴアテックス内張の防水のおかげ水溜まりも平気です。


DSC01819-2.jpg

大鳥居の真下から見上げてみると…、
大鳥居の扁額の文字が海側と社殿側で違うということを初めて知りました。
外から見ると「嚴嶋神社」、内から見ると「伊都岐島神社」となっています。
面白いですね。


DSC01832-2.jpg

例によって藤井屋に寄り道し、焼き立てのもみじ饅頭を熱い煎茶で頂きます。
饅頭と煎茶のセットで税込み150円!
店内の奥まったところに静かなテーブル席があり落ち着いた気分で楽しめます。

もみじ饅頭は良いのですが、宮島の紅葉はなかなか良い年がありません。








スポンサーサイト
  1. 2017/11/18(土) 11:23:08|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西中国山地の秋

我が家から車で山陽道~広島道~中国道を走るとわずか1時間ちょっとで中国山地の奥深くへ行けます。


NKA_5870-2.jpg

深入山という標高1,153mの綺麗なドーム型の独立峰です。
ここから1時間くらいで頂上に立つことができますが、今日は登山に来たわけではありません。


NKA_5840-2.jpg

山裾のススキが見たくて、好天気に誘われて来てみました。


NKA_5829-2.jpg

以前来たのは何年前だったか…、ちょうどこの場所にはスキーのリフトがありました。
近隣に大規模なスキー場が数か所あるので寂れてしまい撤去されたのでしょうね。
ススキだけが変わらず飄々と風に揺れています。


NKA_5845-2.jpg

侘しさの代名詞のように言われますが、秋風をさらりとかわして立つススキは爽やかです。


NKA_5860-2.jpg

のんびりと山裾を散歩します。


NKA_5856-2.jpg

林の中の木洩れ日に温かみを感じます。


NKA_5836-2.jpg

のどかな風景です。


NKA_5842-2.jpg

グランドゴルフに興じる人。


NKA_5867-2.jpg

芝生に座り日向ぼっこの人。


NKA_5849-2.jpg

小春日和の西中国山地です。








  1. 2017/11/09(木) 08:49:47|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中秋の名月

10月4日の今日は太陰太陽暦8月15日、今宵の月は中秋の名月です。
10月に中秋の名月となるのは8年ぶりだそうです。


NKA_4272-2.jpg

広島も晴れていて明るい月が見えています。
満月は2日後の10月6日ですが、左側が少し欠けていますかね。
それでも十分明るく美しいです。
ちなみにこの後中秋の名月が満月となるのは2021年だそうです。

月は意外に明るいのですね。
最初絞り優先のAモードで撮ると白トビしていました。
この写真はフルサイズセンサーで焦点距離300mm。
マニュアル設定でISO250、絞り8、シャッタースピード1/800、手持ちで撮影しました。
Adobe Lightroom 5.7 で現像、クールな月が好きなので色温度4450K設定、トリミングしています。

団子はありませんが、今夜は少し冷えるので熱燗を一本、月見酒にしました。








  1. 2017/10/04(水) 22:05:11|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋空

今朝はもうすっかり秋の空。
フルサイズデジタル一眼に17mmの超広角レンズで空を撮ってみました。

NKA_4169-2.jpg

青い空に刷毛で撫でたような雲が浮かんでいます。
すじ雲とか羽根雲とか名前がついてますが、雲の種類としては巻雲、最も高層にできる雲だそうです。
天高く…、その通りの秋空です。

秋は私の一番好きな季節です。
澄んだ空気のなか透き通る風景。
冷やりとした風が目に見えるような気がします。
行楽の秋、
スポーツの秋、
芸術の秋、
食欲の秋等々、秋にはいろんな形容詞がつきますね。
最近はPCやタブレットの画面ばかり見てあまり紙の本を読みませんが、
読書の秋なので本を読んでみましょうか。








  1. 2017/09/13(水) 08:58:18|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

睡蓮

広島市の西隣り、廿日市市の極楽寺山頂上付近にある蛇ノ池に行ってみました。


suiren_011.jpg

今年も池一面に睡蓮の花が咲いています。
葉を少し間引いたとかで、例年より花の数が多いようです。


suiren_009.jpg

ちょうど今が見ごろで、観賞時期は梅雨明けごろまで続きます。


suiren_010.jpg

白い花も綺麗ですが、ピンクの花も良いですね。


suiren_005.jpg

そしてこの蛇ノ池には鯉もたくさん泳いでいて睡蓮に彩どりを添えています。


suiren_001.jpg

亀もたくさんいます。


suiren_007.jpg

亀が鯉に乗っかって睡蓮を見てるようです。


suiren_008.jpg

今度は鯉が反撃して亀を押し退けています。
やっぱりカープが強い、この亀は虎亀かな?


suiren_013.jpg

池の周りでは睡蓮の観賞を楽しんでいる人や写真を撮っている人が、皆のんびりと楽しんでいます。

この池の周りは廿日市市のキャンプ場ですが、平日はキャンプ客もいなくてゆっくりと静かな時間を過ごせます。
近くには廿日市市が開設した温泉施設もあって、帰りにゆっくりと温泉に浸るのも良いですね。








  1. 2017/06/24(土) 11:50:27|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

花咲か爺

Author:花咲か爺
日記帳はいつも最後まで書いたことがなかったし、ウェブログも二度開設したが続かなかった。
三度目のブログにトライで、時折々の雑事を書いて続けられたらよし。
枯れ木も山のにぎわい、花咲か爺が「枯れ木に花を咲かせましょう」。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

未分類 (1)
山 (30)
海 (19)
植物 (24)
動物 (3)
街 (12)
旅行 (26)
神社仏閣 (11)
道具 (53)
パソコン (32)
モバイル (7)
飲食 (31)
買い物 (9)
My Favorite (17)
その他 (10)
写真 (6)
季節 (32)
風景 (6)
観光 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR