枯れ木に花を咲かせましょう

Sapphire Princess

今朝、窓際で海を眺めながら食事をしていると、宮島の東側からクルーズ船が入港してきました。

NKA_2223-1.jpg

客船の入港予定を調べてみると、Sapphire Princess号でした。
乗客も今日は天気が良くて、波静かな瀬戸内海の風景を楽しめたことでしょう。


NKA_2264-1.jpg

アメリカのPrincess Cruises社が運航する船で、全長290m、116,000総トン、船籍はバミューダ諸島となっています。
広島港へは今年度4回目の寄港です。
この船は三菱造船長崎造船所で2004年に建造され、当時日本国内で作られた最大の客船でした。
姉妹船の Diamond Princess号と同時に建造されましたが、建造時はこの船がDiamond Princess号でした。
ところが2002年に火災があって2番船のSapphire Princess号を急遽 Diamonnd Princess号として納入し、
火災のあったこの船を修繕し Sapphire Princess号として納入したという出来事がありました。

SOLAS条約でほとんどの重要港湾では立ち入り禁止とされており、広島港も一般人は港湾区域に入れません。
しかし、今日はSapphire Princess号の入港に伴い、時間制限付きの一般開放となっていましたので出かけてみました。

NKA_2346-1.jpg

五日市地区-12m岸壁の背後地には一部無舗装のところもあります。
入国審査や税関は倉庫の中でしょうか。
華麗なクルーズ船が接岸するにはふさわしくない埠頭です。


NKA_2331-1_stitch.jpg

Queen Elizabeth号の時と比べると見学客はまばらです。


NKA_2298-1.jpg

なかなか美しい船です。


NKA_2299-1.jpg

こんな殺風景なところに接岸して、なんか場違いな感じです。
日本発着のエクスカーションがあるのか、広島港にも頻繁に寄港するようになっています。
姉妹船のDiamond Princess号も何度か寄港するようです。


NKA_2319-1.jpg

テント張りのウェルカムゲートにカラーコーンの誘導柵、どこかの建設現場のようです。


NKA_2312-1.jpg

タラップの入り口にはなんか手荷物検査所のようなボックスがあります。


NKA_2323-1.jpg

えっ!この窓が案内所?両替所??そして郵便局???


NKA_2343-1_stitch.jpg

上屋倉庫の中に入ってみると…、流石は日本一のスーパー、イオンが店を出してました。
紙オムツも山積みしてますよ、商魂たくましいですね。
奥の仮設フードコート?では乗客と思しき人たちがなにやら食べていました。
県もこんなところに店を仮設しなければ良いと思いますけど。
この上屋の外回りにも、祭りの屋台店のようなものが並んでました。

この五日市地区-11m・-12m岸壁は、客船では宇品外貿埠頭に接岸できない大型船が利用します。
年々大型船の寄港が増えて、今年度は五日市地区に三十数回の寄港予定があるようです。
もう少し大型クルーズ船の受け入れ態勢を考えなければいけないと思いますね。









スポンサーサイト
  1. 2017/05/28(日) 20:00:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

2度目の広島 Queen Elizabeth

今朝7時前、Queen Elizabeth 号が宮島東側の航路から入港してきました。

NKA_1478.jpg

宮島弥山の前を、五日市-12m岸壁にゆっくりと近づいていきます。


NKA_1522.jpg

岸壁前で出船付けで接岸するため回頭しています。
今頃の客船はサイドスラスターを装備しているので、自分で回頭できます。
大馬力のハーバータグが横で暇そうに待機しています。
強風とか緊急時のために来ているだけですね。


NKA_1538.jpg

どうやら無事接岸できたようです。


NKA_1576_stitch.jpg

五日市-12m岸壁です。
広島入港は昨年に続いて2度目です。
90,900総トンの船体は甲板から下を黒く塗り分けて優雅です。
約8時間の停泊で、広島見物の船客はすでに観光バスで出かけたそうです。


NKA_1568.jpg

アメリカのクルーズ会社 Carnival Corporation & plc の傘下に入ってしまいましたが、
Cunard という社名には歴史と風格を感じます。


NKA_1590.jpg

船首喫水線上に暗車のマークが3つ、サイドスラスターを3基も備えています。
風がなければハーバータグがいりませんね。


NKA_1608.jpg

今から下船する人もいました。


NKA_1626.jpg

県も早く大型客船専用岸壁を整備したほうが良いですね。
こんな殺風景なところに Queen Elizabeth を迎えるなんて失礼です。


NKA_1638.jpg

歓迎レセプションもこんな上屋倉庫の中ですからねえ…。


NKA_1682.jpg

今年も Queen Elizabeth 号を見れて良かった。
来年も3月に入港予定だそうです。

コロンボ港の拡張工事に従事していた時、Queen ElizabethⅡをまぢかに見て感激したのを思い出します。
3代目の Queen Elizabeth もやはり優雅です。
来年も見に来たいと思います。







  1. 2017/03/18(土) 16:24:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Seven Seas Voyager

今朝、朝食を食べながら海を眺めていると、白いクルーズ船が航海しているのが見えました。
どうやら宇品の外貿埠頭に入港するようです。
広島県港湾振興事務所の入出港予定を見ると、Seven Seas Voyager 号が8:00入港となっています。
ちょうどコストコに買い物に行く予定だったので、先に宇品外貿埠頭に回ってみました。


NKA_1389.jpg

宇品外貿埠頭第5バースに接岸していました。
42,363総トン206.5mの船体はこの第5バースの限界に近い大きさです。


NKA_1397.jpg

Regent Seven Seas Cruises Inc. が所有し運航しています。
乗客定員700名、350室の船室は全室オーシャンビューバルコニー付きスィートのラグジャリークルーザーです。
最低クラスのスィートでもベランダを除く部屋床面積が28平米だそうです。


NKA_1409.jpg

リージェント・セブンシーズ・クルーズ社のクルーズ料金は、食事、アルコール、チップ、寄港地の観光ツアー、
すべてコミコミのオールインクルーシブ価格だそうです。
地域や季節で違うようですが、12泊くらいのクルーズでだいたい1泊1名$600(¥62,000)くらいのようです。
すべて込みですからそんなに高くはないですね。
シンガポールのラッフルズホテルなんか部屋代だけでこれ以上かかりますからね。


NKA_1425.jpg

この Seven Seas Voyager 号より40mほど長い船体の飛鳥Ⅱが第5バースに接岸できる限界です。
明日、Queen Elizabeth 号が広島に入港してきますが、294mの船体ではここに接岸できず、五日市地区に入港します。


NKA_1446.jpg

夕刻、自宅から300mm望遠で撮った宇品外貿埠頭の出航前のSeven Seas Voyager 号です。


NKA_1453.jpg

出航して似島安芸小富士前の海域をゆっくりと航行しています。
250mmくらいで撮っています。
広島には神戸から来ましたが、これから瀬戸内海を関門海峡で抜けて長崎に行く予定のようです。
釜山から来る Queen Elizabeth 号とどこかですれ違うかもしれませんね。

明日は五日市地区-12m岸壁に入港の Queen Elizabeth 号を見に行ってみます。
昨年3月広島入港以来1年ぶりの Queen Elizabeth です。







  1. 2017/03/17(金) 17:55:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

宇品海岸プロムナード

2月も明日まで、3月も初旬はまだ寒いと思いますが、3月と聞くだけで春の響きを感じます。
今日は陽が射して気持ちが良いので、海を見たくなりました。
家からでも瀬戸内海は見えますが、近くで見て潮騒を聞き、潮の香を感じたくなったのです。


20170227-NKA_1155.jpg

広島港の宇品地区にやってきました。
宇品地区の西側は瀬戸内海島嶼部や四国へのターミナルで、高速船とフェリーの係船施設があります。
東側には外貿埠頭があり、飛鳥Ⅱなど5万トンクラスまでくらいのクルーズ船も入港します。
東西の中間には元宇品という昔は島であった地区があり、市内唯一の国立公園区域となっています。
この海岸に沿って散歩道が整備されています。


20170227-NKA_1126.jpg

プロムナード西側から見る元宇品地区です。


20170227-NKA_1125.jpg

デポルトピアとか何語かわからない名前がついてますが、元倉庫群だったところです。
いまは倉庫を改築して洒落た風の商店、飲食店になってます。


20170227-NKA_1141.jpg

デポルトピアの前の桟橋には海上保安部の巡視艇が係留されてます。
反対側に昔の塗装の巡視艇がいますが、最近のはアメリカのコーストガード風になってます。
そういえば中国(China)の海警とかもこんな塗装でしたね。


20170227-NKA_1137.jpg

外貿埠頭にはクルーズ船が入港していました。


20170227-NKA_1147.jpg

Nautica号(30,277GT)です。


20170227-NKA_1120.jpg

クルーズ船では少し小ぶりですが、ファイブスターのラグジャリークラスで超豪華船です。
しかしドレスコードはないので、カジュアルで豪華な船旅を楽しみたいという人向けのようです。
旅客定員も684名ですので、ゆったりと楽しめそうな船ですね。


20170227-NKA_1055.jpg

横浜から来て長崎に行くようですが、いつも上海からくる超大型船のような団体船客も見かけません。


20170227-NKA_1068.jpg

ダイニングルームでしょうか、豪華そうな部屋が見えます。


20170227-NKA_1085.jpg

船尾にマーシャル諸島共和国の国旗を掲げています。


20170227-NKA_1076.jpg

船籍港はMajuro、マーシャル諸島の首都、と言ってもメインストリートには3階建て以上の建物のない小さな町ですね。
Oceania Cruises社が所有し運航しているそうです。
ちなみに同社のホームページによると、東京ーバンコク18日間の旅が6,399US$/お一人。
今日のレートで39,900円/日/お一人。
プレミアム・フライデイどころか、私はプレミアム・エブリデイ、毎日ヒマなので申し込もうかな・・・。
そんなに高くはないですけど、18日間も船に乗っていたくないのでやめときます!(言い訳)。


20170227-NKA_1161.jpg

外貿埠頭にはレンタサイクルがあります。
地元の人間は絶対に乗りませんが、今日は半分以上が出払ってます。
船客は若い人が多いのでしょうか?


20170227-NKA_1165.jpg

元宇品地区に移動しました。
この辺りの道路にはボラード(係船曲柱)が並んでます。
鋳鉄製の本物?のようです。
駐車禁止の標識が立ってますが、駐車してバウライン・ノットで、もやい綱を取っておくと駐車OKです。(嘘)


20170227-NKA_1176.jpg

国立公園区域内に高層のホテルが建っています、いいのかな?


20170227-NKA_1188.jpg

海に灯台が似合いますね。
潮の香りがします。


20170227-NKA_1181.jpg

似島と中央遠くは宮島です。
いいですねー、海の風景。
イシガレイ狙いでしょうか、置き竿があります。
太公望はどこかで寝てるのかな?


20170227-NKA_1202.jpg

赤白の灯標が見えますが、あそこが広島港の港口です。
元宇品は島(と言っても半島ですが)を歩いて一周できます。
樹木は原生林で、国立公園内だけあって、市内とは思えない良いところです。

山歩きも好きですが、たまに海が見たくなる時もありますね。
現役時代は国内・国外ともずっと海際で仕事をしていたようなものですので・・・。





  1. 2017/02/27(月) 19:07:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

砂の街と砂の道

友人が金沢近郊の内灘町に住んでいます。
内灘町は砂丘の上に立地する町です。
昔は風と砂に悩まされたようですが、今は開発が進んで金沢市のベッドタウンとなっています。
北に日本海、南に河北潟があり自然環境に恵まれています。


20160804-NKN_4833.jpg

その砂丘の河北潟放水路脇の公園に井上靖文学碑があります。
立派な自然石の本碑には井上靖氏直筆で、
「日本海美し 内灘の砂丘美し 波の音聞きて 生きる人の心美し」
と刻まれています。


20160804-NKN_4831.jpg

私は本碑の横にある副碑に添えられた「海」という詩が好きです。
その一節の、
「しかし、私が一番すきなのは、雪が降ると海は大きなインキ壷になる、と歌った詩人だ。
分厚く白い琺瑯質の容器の中に青い海があるだけだ。
大きく青い日本海。もうどこにも波打際はない。」
という部分は、稀に穏やかな冬の日の、日本海の静かさと厳しさを想像させます。


20160804-NKN_4845.jpg

文学碑のすぐ横で風力発電の風車が回っています。
冬季は季節風で稼働率がよさそうですが、落雷の被害もあるようです。
横の鉄塔は避雷針のようです。


20160804-NKN_4849.jpg

その風車の横に展望台のような所があります。
河北潟とその放水路に架かる斜張橋は内灘大橋です。
晴れて見通しの良い日には遠く立山連峰、白山などが望めるようです。


20160804-NKN_4847.jpg

河北潟放水路の河口付近に橋梁が見えますが、金沢と能登を結ぶ大動脈、のと里山海道の内灘海浜橋です。
この橋のすぐ右(北側)にのと里山海道の内灘I.Cがあります。
内灘I.Cから北に32km、羽咋市の柳田I.Cまで、延々と砂浜が続いています。
防音壁もなく日本海と砂浜を眺めながらのドライブは快適で、帰省の楽しみの一つです。


20160804-NKN_4853.jpg

のと里山海道の内灘I.Cから柳田I.Cまでの間、途中の今浜I.Cで出て次の千里浜I.Cまで、
約7kmを砂浜の「なぎさドライブウェイ」を走ってみました。


20160804-NKN_4861.jpg

なぎさドライブウェイは4WDでなくとも砂浜を車で走れる珍しい海岸です。


20160804-NKN_4864.jpg

一応、警察署が設置した道路標識もあり最高速度は30kmです。
波打ち際を波しぶきをあげて走ることもできますが、
車の下回りが錆びますのでやめといたほうが良いみたいです。

冬場以外は実家に帰ってくると、必ず一度はこの砂の道に来ます。
この壮大な日本海を眺めて思索に耽るとちっぽけな雑念は忘れてしまいます。
そういえば哲学者の西田幾多郎も、内灘から近いこの海岸沿いの宇ノ気というところの出身です。

この砂の道は哲学の道の本家かもしれません。








  1. 2016/08/08(月) 17:12:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

花咲か爺

Author:花咲か爺
日記帳はいつも最後まで書いたことがなかったし、ウェブログも二度開設したが続かなかった。
三度目のブログにトライで、時折々の雑事を書いて続けられたらよし。
枯れ木も山のにぎわい、花咲か爺が「枯れ木に花を咲かせましょう」。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

未分類 (1)
山 (25)
海 (18)
植物 (23)
動物 (3)
街 (12)
旅行 (26)
神社仏閣 (11)
道具 (52)
パソコン (32)
モバイル (7)
飲食 (30)
買い物 (9)
My Favorite (17)
その他 (10)
写真 (6)
季節 (29)
風景 (6)
観光 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR