枯れ木に花を咲かせましょう

能登半島

久しぶりに能登に帰省してきました。
梅雨のさなかですが、2泊3日の帰省中はほとんど快晴でした。

2日目に奥能登方面にドライブしてきました。
能登半島は左手人差し指を軽く曲げたような形です。
加賀から能登に入るところあたり、南の1/3くらいを口能登と呼んでいます。
私の帰省先は半島の中ほど、中能登と呼ばれます。
そして一番北の1/3が奥能登です。

最近は奥能登方面も道路が良く整備されています。
特に能登空港が開港してからは、半島先端の珠洲市など、もう昔の辺境の面影はありません。
帰省先のすぐ近くに「のと里山海道」のI.Cがあります。
かっては能登海浜道路と呼ばれた一般有料道路で、全長約83kmは地方道路公社の一般有料道路では日本一の延長でした。
2013年に無料化されて能登の自動車専用一般道として利用されています。

まずは能登里山海道を終点の穴水I.Cから能登空港入り口を経由して輪島まで行きます。
輪島の朝市を見るつもりでしたが、朝市の開かれる通りは市などなく人もいません。
なんと第2、第4水曜日は朝市の休業日でした。

仕方ないので輪島から能登半島先端に向けて外浦の海岸線を北上します。
名所曽々木海岸の窓岩を横目で見ながら素通りします。
目指すは白米(しろよね)の千枚田です。


NKN_7192.jpg

本当に千枚以上の田がありますが、荒々しい日本海の海岸風景にマッチして美しい景観です。
ただ今、稲が生育中でした。


NKN_7197.jpg

次に訪れたのは輪島の揚げ浜塩田です。
いまも昔の製法で塩を作っています。


NKN_7202.jpg

砂に海水をかけて天日で濃縮した海水をさらに煮詰めて塩を作ります。
150gが700円ほどしますが、けっこう大変な作業で高価なのは納得です。


NKN_7211.jpg

次は能登半島の最先端、禄剛崎灯台に向かいます。
途中の椿峠というところに椿の展望台があります。
なんとも雄大な景色ですね。
山影に防波堤がちょっと顔を出していますが、高屋漁港です。
高校1年生のころの夏休み、友人とこの高屋で4,5日滞在して遊んだのを思い出します。
サザエは取り放題、魚もおいしいし最高でした。
そのころ、この県道はこの椿峠で終わっていました。
車で能登半島一周は出来なかったのです。
その後、高屋には関西電力と北陸電力共同の原子力発電所が計画されましたが、地元の猛反対と、
社会情勢の変化から電力会社は計画を取り消しました。
こんな美しいところに原発ができなくて本当によかったです。


NKN_7218.jpg

禄剛崎灯台です。
無人灯台ですが今も航行の安全のため点灯しています。
以前この標柱には「能登半島最北端」と書かれていましたが、まだ新しい墨色で「最先端」と改められています。
本当の能登半島最北端は、先ほどの椿峠から禄剛崎に至る海岸線にあるシャク崎という岬が最北端です。
だれかからクレームがついて書き直したのでしょうね。
しかしこの禄剛崎は、海から昇るサンライズと海に沈むサンセットの両方が見れる場所として有名です。


NKN_7229.jpg

ランプの宿です。
秘境の宿といわれ、私も初めて来たときは驚きました。
しかし今は県道からのアクセスも広くなり観光バスでも入れそうですし、
この崖上にも売店やいろんな建物が並んで、今も増築中でした。
崖から跳ね出した小さな展望台も入場料500円(昔は無料だったと覚えています)は高すぎます。
その辺によくある、ただの観光地ですね。
興ざめです。


NKN_7256.jpg

金沢駅です。
2泊3日であわただしかったのですが、奥能登はこの時期車もほとんどいなく、道路や観光地はガラ空きでよかったです。


NKN_7258.jpg

北陸新幹線が金沢まで延長開業して、金沢は活気にあふれているようです。
次回の帰省では金沢をじっくりと再探訪したいと思っています。




スポンサーサイト
  1. 2015/06/26(金) 16:29:47|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Windows10 (その4)

久しぶりにPCの話題です。

前回同じタイトルで Windows10 Techinical preview Build 10049 を取り上げました。
その後、Build 10122 にアップデートされましたが、大した変更ではなかったので沈黙していました。
そのちょっとあとにまた更新の案内があったのです。
Insider Preview Build 10130 となっていて早速ダウンロードしたのですが、
経過 16% 表示で進まなくなりました。
別に急ぐ理由はないのでずっとほっておきましたが、いつまでたってても進捗はありません。
何度もこんなことで気を遣わせられるのは不本意です。
いっそアンインストールしてしまおうかと思いましたが、気を取り直して、Insider Preview のサイトを開きました。
Build 10130 のISOファイルがあったので、x64 のファイルをダウンロードしました。
あっという間にダウンロードは終わり、DVDに焼きます。

Windows10 を立ち上げてDVDをドライブに入れるとセットアップが立ち上がりました。
そしてアップデートインストールを実施します。
結構長い時間がかかり、何度か再起動を繰り返しますが、手動で再起動は一度だったでしょうか、
ほっとけば良いと思います。
結果、無事 Build 10130 に更新されましたが、
これと言って大きく変わったところは見あたりません。
まだこれからも検証しますけど…。
製品版ではないので日本語版では使えない機能があったりします。

win10.png

まっ、なんとか、Windows10 はBuild 10130 になっていました。

ところで、ずいぶん永く MS とは付き合ってますが、
MSもWindows8 くらいからモバイル端末を意識した OSづくりになってきました。
悪い事ではありませんが、PC もモバイルも両立しようとすると中途半端な気がしますけどね。
最近、インターネットを閲覧するのは、スマホあるいはタブレットが半数を占めてるようです。
すなわち、そのOSはアンドロイドあるいは i OS です。
モバイルのOSは、MSのOSと何が違うのでしょうか?
無料なんですね、OSのアップグレードが。
そして無料のアプリがもうこれでもかとあります。

MS は数年に一度のOSアップグレード? そして3年に一度のOffice ソフトのアップグレード? があります。
特に 日本国内のOffice ソフトはバカ高いので、ユーザーは負担を強いられます。
Googleなんかどこで儲けているのかと思いますが、
いまやインターネットの王者と言っても過言じゃないですよね。

話がそれましたが、Windows10 は起動など確かに早くなりましたが、
8.1から大きく変化したようには思えません。
なにか、ここを見てくれのようなインフォメーションをMSが出したほうが良いかと思いますね。

確かにモバイル端末は便利です。
しかし、私にとってはやはりPCが本命です。
MSにはPCのOSでもっと頑張って欲しいとおもいます。











  1. 2015/06/18(木) 18:57:32|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の花

梅雨の雨です。
カメラと三脚を持って雨に打たれて映える花を撮りに出かけました。

まず、広島市の西隣り廿日市市の極楽寺山の蛇ノ池に咲く睡蓮です。
蛇ノ池は昔、ヤマタノオロチの住処でここから出雲地方に出張していたといわれています。
かなり大きな池で水量も豊富、池全体を睡蓮の葉が覆っています。
極楽寺山の蛇ノ池の周りはキャンプ場で常設のテントがたくさん張られていますが、まだオフシーズン。
キャンプ利用者は誰もいませんし、この雨で睡蓮の花を見に来る酔狂な人もいません。
毎年「睡蓮まつり」が開催されますが、今年は6月13日から7月31日まで。
期間中は人だらけですので、開催直前のいまが狙い時です。


NKN_6829.jpg

6月下旬から7月中旬が見頃といわれてますが、このくらい咲いてれば十分ですね。


NKN_6741.jpg

赤、白、ピンクと三色ありますが、ピンクがなかなかきれいです。
葉の上の水滴も情緒があり、わざわざ雨の中出かけてきたかいがあります。


NKN_6775.jpg

蛇ノ池にはたくさんの鯉がいます。
大きな池で悠々と泳げるためか、みな元気よく動き回っています。


次に訪れたのは、広島市佐伯区にある補陀落山観音寺という禅宗寺院です。
極楽寺山にも極楽寺という古刹がありますが、この観音寺は花の寺とも呼ばれています。
特に紫陽花の種類と株数がおおいので有名です。
あじさい祭りが今年は6月21日から7月7日まで開催されます。
まだちょっと花が盛期に比べると少ないようですが、それでも十分に見ごたえがありました。


NKN_6847.jpg

梅雨の花というだけあって、雨に映えています。
これはガクアジサイの一種。


NKN_6852.jpg

これはポピュラーな種類ですが、色はほかにも色々咲いていました。
アジサイは日本原産だそうです、知りませんでした。

じつは本格的な梅雨の雨を待っていました。
雨に映える花を撮るためですが、雨中の撮影はなかなか大変です。
自分はカッパをきてカメラに傘をさして撮ります。
明るさが足らないので、絞りを絞る時や望遠撮影では三脚に載せます。
さらにミラーアップでリモコンレリーズを使いますが、傘を差しながらなのでイラつくこともあります。

それでも鬱陶しい梅雨が楽しくなりますので、また雨が降ったらカメラを持って出かけようと思っています。





  1. 2015/06/12(金) 11:16:37|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

COSTCO 4

今日また COSTCO に行ってきました。
メールでセールの案内が来ていたのですが、PCのモニターラックがよさそうだったのです。
PC の机の上が、アンプやらHDMI切替機、USB切替機と所狭しと並んでちょっと整理しようと思ったわけです。


NKN_6721.jpg

天板が強化ガラスで足はスティールです。
天板の下に80㎜くらいの空間ができるので邪魔なものをすべて押し込みました。
1898円でしたが、やはり Made in China 。
上に乗るのは Del の U2413 1920x1200です。
ガラス板が5mm くらいで薄く心配でしたが、16kgまでOKとあったので載せてみました。
計ってみましたが、ビリッとも撓んでいません。
満足です。
シナもんでも良いものは良いと素直に認めます、安いし…。

もう一つ、メールに載っていた品物を買います(実はこちらが本命)。
アメリカ産ニンニクです。
ちょうど大好きなニンニクを切らしていたのです。


NKN_6715.jpg

カリフォルニアの田舎ギルロイ産のニンニクです。
ギルロイといえばサンフランシスコから南に、モントレーに行ったことがありますが、その途中にある町(村?)です。
ニンニクの町として有名ですが、もう一つ有名なものは巨大なプレミアムアウトレットです。
一度だけ訪れましたが全部の店を回り切れませんでした。
ハワイ、オアフ島のワイケレプレミアムアウトレットと違い、もっと巨大で、日本人も見かけません。
そして、本当にブランド品がすごく安いのです。
ちょうどニンニク祭り(Garlic Festival)やってました。

話が飛びましたがこのCOSTCO のニンニク、2パウンド(907g)が580円(コスコはすべて税込)です。
重量を計測してみました。
アメリカ製品の凄いところは絶対に量目不足がないというか、余分に入っています。
991gありました。
アメリカは訴訟の国ですからねー。
日本で南高梅なんか10kg箱入りで買うと、乾燥で10kg切ることがありますとか平気で書いてあります。
消費者は10kg買っているのですから、目減り分はちゃんと増やしておくべきです。
実際に南高梅一箱を買って計測してみたら5%くらい不足していました。
農協から買ったのですがねー。
毎年、梅干しを作るのを趣味としていましたが、これで梅干しつくりはやめました。

話はまた飛んでしまいましたが、青森のたっこニンニクとやらはなんであんなに高いのでしょうか?
一株が300円以上します。
一方中国産は10株くらい入って500円くらいでしょうか。
ちょっと色が漂白したように白く気味悪いですけど、味はたっこと変わらないですね。

このギルロイ産は全米が認める高品質のニンニクで、円安の今日買ったのは約1kg 580円です。
数えてませんが株数にして15株以上はあるようです。
私見ですが、もし日本スーパーに出回っているニンニクが本当に青森のたっこ産だとしたら、
青森のニンニク生産農家は反省すべきですね。
たかがニンニクにブランドン物など笑止千万です。
ネットをググってみても、たっこニンニクが特にうまいとかの意見はほとんどなく、異常に高いという意見が多数です。

いま多量のにんにくの処分を考えています。
今日はとりあえず明日、人に会う予定がないので焼きにんにく、
5株くらいオリーブ油漬け、
さらに5株くらい醤油漬け、
あとは明日考えます。
まっ、半分捨ててもたっこよりずいぶん安く、気分良いのですがね。

昔、神戸で真冬に深夜の潮間作業の監督で出ていたころ、寒いのでニンニクを生で齧って体を温めていました。
作業員が突然「アセ (アセチレンガス) が漏れとるぞ!」と騒ぎ出しました。
私は原因がわかっていたので、こそっと隠れていましたけど、今思えば楽しい思い出です。






  1. 2015/06/05(金) 17:10:14|
  2. 買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

入梅

昨日、中国地方では例年より4日ほど早く梅雨入りが発表されました。
しかし、今朝は快晴の空です。
雨が大気中の塵を流してくれたのか、空気が澄んで景色が鮮やかです。


NKN_6700.jpg

山口県の屋代島(周防大島)のシルエットががくっきりと見えます。
瀬戸内海も麗らかな風景です。


NKN_6692.jpg

視線を左に振り、呉方面を見ると遥か彼方の四国連山が薄らと見えています。
呉の第二音戸大橋の赤いアーチも確認できます。

大気の汚れが激しいのか、冬場には見えていた四国連山も最近は見たことがありませんでした。
この調子では数十年後には星を見たことがない子供たちばかりになるのでは?
実際に、私が子供のころ大阪の街で見ていた天の川など、いまこの辺では見えませんからね。






  1. 2015/06/04(木) 11:16:29|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

COSTCO 3

今日は COSTCO に返品に行ってきました。
先日、新発売のKIRKLAND LIGHT BEER 12fl oz(355ml)x48本 を買ったのです。
6000円弱でしたので、ビールなら安いと思ったのと、
KIRKLAND (COSTCOのプライベートブランド) 印ではALES & LAGERS といお気に入りのビールがあったからです。
ところが家に帰ってよく見ると「発泡酒」でした。
アメリカでは発泡酒なんて見たことがありませんから、日本向けに作ったのでしょうね。
1本冷やして飲んでみましたが、旨くありません。
アルコールも4%ですし、あと47本飲まないといけないと思うと憂鬱になってきました。
で、今朝返品に行ったのです。
「ビールと思って買ったら発泡酒だったし、とてもまずいので返すよ、1本飲んでるからその分払ってもよいよ」と私。
「いいえ、飲まれた分は結構です。お気に召さずにどうもすみません」と返品係り。
あっという間にお金を返してくれました。
こういうところがコスコのいいところですね。
アメリカの商売人は大体に「取れるもんは取ってやろう」が多数ですが、
ウォルマートやコスコ、アマゾンなどもトータル儲かればよいという主義で巨大なマーケットシェアーを維持していますね。

ついでに買い物をしてきました。
KIRKLAND の瓶入りエールビールが品切れで、仕方ないのでオーストラリアのFOSTER'S 24缶を買ってきました。
これもれっきとしたビールで3398円です、このところの円安で高くなりましたが、それでも国産ビールより随分安いです。

コスコは時々とんでもなく安いものを宣伝もせず並べていますが、今日もありました。


NKN_6691.jpg

51種類のクロームバナジューム製ビットがついているスクリュードライバーセットです。
これ、477円(税込)でした。
ドライバーは一応持っていますが、この値段では買ってしまいます。
コスコからお買い得品お知らせのメールは来るのですが、こういう店単位で処分するものは案内がありません。
ときどき根気よくのぞいてみるしかないのですが、山歩きの代わりのトレーニングにもなり結構なことです。






  1. 2015/06/03(水) 15:11:34|
  2. 買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

花咲か爺

Author:花咲か爺
日記帳はいつも最後まで書いたことがなかったし、ウェブログも二度開設したが続かなかった。
三度目のブログにトライで、時折々の雑事を書いて続けられたらよし。
枯れ木も山のにぎわい、花咲か爺が「枯れ木に花を咲かせましょう」。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

未分類 (0)
山 (21)
海 (17)
植物 (22)
動物 (3)
街 (11)
旅行 (21)
神社仏閣 (11)
道具 (51)
パソコン (32)
モバイル (7)
飲食 (30)
買い物 (9)
My Favorite (17)
その他 (7)
写真 (6)
季節 (27)
風景 (6)
観光 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR