枯れ木に花を咲かせましょう

MVNO

現在、私のモバイル使用状況は、NTT-DOCOMO のガラケー1台と、ファブレットが1台です。
ファブレットは SONY Xperia Z Ultra C6833 ですが、6.4インチディスプレイで老眼の爺にも優しい大きさです。
片手で持つにもちょうど良い大きさで、裏に i-Ring という指を入れるリングをつけています。
この i-Ring はなかなかの優れもので、中指または薬指を入れて持つと力を掛けなくても楽に固定できます。
それにこの Xperia はストラップを通す穴が開いていて、長めのストラップを通しておくと落下防止になります。
登山のときなど安心です。

この Xperia はグローバル機種のスマートフォンで SIMフリーです。
Docomo の SIM を差せば Docomo のスマホに、
SoftBank の SIM を差せば SoftBank のスマホになります。
もちろん、そんなキャリアの SIM を差して高い通信料金を払ったりはしません。
MVNO : Mobile Virtual Network Operator (仮想移動体通信事業者) の格安利用料金が設定されている SIM を使います。
私の場合はOCN モバイル ONE という SIM を使っています。
OCN モバイル ONE にも4種類あり、私は SMS 対応の SIM を使っています。
携帯電話番号を持っていてショートメッセージが使えます。
そして SMS 付き SIM はセルスタンバイ問題という、携帯電話機能が無駄に電池を消費するという問題を回避できるのです。
音声通話ができる SIM もありますが、あの6.4インチの画面を耳に当てて通話するのも不細工ですし、
ブルートゥースで通話するのも人が見たら独り言を言っているように見えて不格好です。
なのでガラケーと2台持ちということに落ち着いています。

月額利用料金は、音声通話をあまりしないので Docomo のガラケーが約1100円(税込)、OCN モバイル ONE は実家の妹と2台の端末で契約していますが、通信容量 110MB/日 のコースで約1600円(税込)です。
合計2700円/月でキャリアのスマホ料金より随分安く済んでいます。

ところで通信容量110MB/日ですが、2年前の契約時は40MB/日でした。
それが70MB/日に増量され、今年の4月からは110MB/日に増やされて、月額利用料金は据え置きです。
もちろん通信電波はDocomo の LTE Xi の高速通信電波で、1日分のあまった容量は翌日に繰り越せます。
LTEの110MBを使い切ると 遅い3G電波で繋がり使い放題ですが、インターネット閲覧は厳しいですね。
メールなら使えるので3Gも使い道はあります。
ただ、私は今まで1日110MBのLTEを使い切ったことはほとんどありません。
オーバーしたとしても前日からの繰り越し分がありますから、LTEが容量オーバーで通信できなくなったことは経験していません。


Screenshot_2015-07-29-13-58-22.png

現在の通信使用量がアプリで判るようになっています。
110MB/日ですがアプリでは115MBの容量が表示されますサービスでしょうか。
2日間まるまる残っていると230MBになります。
自宅では当然 WiFi 通信になりますから、LTEは使いません。
なので動画でも見ない限り、この 110MB/日を使い切るのは無理ですね。


Screenshot_2015-07-29-14-11-43.png

7月の実績を見ても旅行(立山行き)のとき1日110MBをオーバーしただけです。
ま、外に出てもフリーで WiFi が使えるところもありますから、LTEがオーバーしても何とかなりますけど。


Screenshot_2015-07-29-14-16-33.png

先日の立山山行のGPSログです。
これはGPS電波さえつかめば地図はスマホにダウンロード済みですから通信電波は不要です。
昔は紙の地図で自分の位置を特定するのはなかなか難しかったのですが、これがあれば刻々と現在位置を知ることができます。

便利な世の中になりましたね、マイクロソフトが焦る気持ちはよくわかります。
ところで、WIndows10 のダウンロード配布が今日から始まりました。
Windows7 機も Windows8.1 機もタスクバーの右側にウィンドウズマークが出てダウンロード予約を促しています。
しかし予約しても7と8.1からのアップグレードダウンロードはすぐに始まるわけではありませんし、私はちょっと様子見です。

それに、いま Windows7Pro, Windows8.1Pro, Windows10Pro, Linux Ubuntu14.04LTS の4台を使っていますが、
3台のWindows機を全部 Windows10 にしても面白みがないというか、3台使う意味がなくなってしまいます。
親機と予備機1台の2台あれば足りるので、困ったものです。

マイクロソフトは Windows10 がウィンドウズの最終バージョンだといっています。
これで今までのように Windows が新しくなるたびにOSアップグレードに金をかけることがないと思うと大間違い。
マザーボードチップセット、CPU、メモリー、などシステムが陳腐化してPC本体を変えなければならないので、その時にOSを引っ越すことはできません。
Windows10 は最初にインストールしたPCにしか使えないのです。
この縛りがある限り、今後もPC離れを止めることはできないでしょうね。





スポンサーサイト
  1. 2015/07/29(水) 16:58:01|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows10 (その6)

Windows10 のアップグレード予約も始まり、いよいよ製品版が出ることになりましたね。
このブログでは前回 BUild 10130 へのアップデートを記事にしましたが、その後また Build 10162 にアップデートがありました。
そして4、5日前に Build 10240 のアップデートが始まったのですが途中で止まったままになっていました。
今回からISOファイルでの配布はありませんのでDVDでのアップデートはできません。
Windows Update でダウンロードするしかないのです。
ふと、マイクロソフトアカウントへのログインを自動にしているのが悪いのかと思い、ログインを手動に切り替えました。
そうすると、アップデートが動き出しました。
ダウンロードから、インストール、セットアップと30分くらいかかったでしょうか。
今回の画面ではアップデートではなく、アップグレードとなっていました。


winver10_10240.jpg

"winver" で出した小窓です。
Previewという表示はなく、有効期限も消えています。


win10_sys10240.jpg

システムインフォメーションでもPreview版の表示はなく、Windows10 Pro とだけなっています。

Build 10240 で一応製品版と同じ内容になったのでしょうか、あるいはもう一度アップデートがあるのかもしれません。
先ほどインストールが終わったばかりなので、これからじっくりと使って見ます。
とにかく動作は新ブラウザのエッジを含め機敏になりました。






  1. 2015/07/23(木) 18:04:07|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山山行

朝5時前にホテルをチェックアウトして地鉄富山駅へ。
昨夜は少し飲みすぎてちょっと頭が重いです。
駅前のローソンで朝食の弁当を買います。


NKN_7319.jpg

富山地方鉄道富山駅です。
電車で立山に向かうのは初めてです。


NKN_7327.jpg

地鉄の電車はとてもゆっくりと走りますが、50分で立山駅に着きました。


NKN_7336.jpg

立山黒部アルペンルートの美女平行き始発ケーブルカーです。
これはもう、数えきれないほど乗っています。
美女平から室堂間は高原バスになります。
立山駅~室堂駅の往復4310円は、初めての場合ちょっと高いと思われますが、
海抜475mから2450mまで標高差1975mを運んでくれるわけですから値打ちがあります。
昔の立山登山は大変だったようです。


NKN_7348.jpg

車窓からの風景、弥陀ヶ原のほぼ全景と左遠方には薬師岳が見えています。


NKN_7357.jpg

室堂も近くなり名峰剱岳が姿を見せました。


NKN_7362.jpg

室堂ターミナルに到着、早速ターミナル3階裏手の室堂平に出ます。
玉殿の湧水で飲み水を確保します。
梅雨明けのハイシーズンには登山者や観光客で順番待ちの水汲みになりますが、今の時期はガラガラです。


NKN_7363.jpg

ターミナルから歩き始めると遊歩道の周りの室堂平はお花畑です。


NKN_7367.jpg

登山口からいきなり雪道です。
ルート上にはまだかなりの雪が残っています。


NKN_7374.jpg

振り返ると昔の室堂とその横は室堂山荘、そして背景に大日岳です。


NKN_7376.jpg

この辺りは急傾斜の雪渓横断になります。
山側を見ると雪崩が脳裏を掠め、谷側は足を滑らすとかなり下まで滑落しそうです。


NKN_7380.jpg

祓い堂です。
地界と天上の境界といわれています。


NKN_7382.jpg

ようやく一の越に到着、遠く槍穂高が見えています。
一の越山荘への荷揚げのヘリコプターが3回運航するので、山荘の中に退避してくださいと足止めされました。


NKN_7393.jpg

1回目はおとなしく待っていましたが、その後待っておれず登り始めました。
2回目のヘリコプターが来ました。
ヘリコプターを下に見るなんてなかなか体験できませんよ。


NKN_7405.jpg

足早に高度を稼ぎますが、室堂平を振り返るとガスっぽくなってきています。


NKN_7413.jpg

三の越で下山する小学生グループと出会いました。
これはもう全員をすれ違わすまで待つしかありません。
しかし引率は教員以外にガイドもつけています。
泣きべそかいている子も居ましたが、みんな活き活きとしていましたね。
この時期に登らせる教員も根性ありますが、子供たちも凄いです。
立山なんてという人もいますが、三の越から上は穂高に劣らない急峻な岩稜です。
富山県の小学校ではこの立山登山を取り入れている学校が多いと聞きますが、良いことですね。
この生徒たちは将来、きっとどんな困難なことにも立ち向かっていけることでしょう。


NKN_7421.jpg

立山の雄山山頂に立ちました。
一等三角点があります。


NKN_7441.jpg

社務所と頂上雄山神社はガスの中でした。
登りの道中、雪渓を半袖で歩いても暑かったのですが、ここでは一気に寒さが襲ってきます。
急ぎ防寒ジャケットを羽織ります。
やはり3000mの山は侮れません。


NKN_7448.jpg

頂上に長居しました。
予定ではここからさらに大汝山をピストンする予定でしたが、このガスでは行っても面白くありません。
急きょ下山に矛先を向けます。
登りでは見えなかった高山の可憐な花が目につきます。


NKN_7456.jpg


老体に鞭打ち、15時の高原バスに間に合うべく急いで室堂平に降りてきました。
振り返ると少しガスが晴れて浄土山がきれいな形を見せています。
立山には地獄もあり、極楽もあるのですね。

急ぎの山行は台風11号の心配がもとですが、
この後、富山から広島へと長旅で、自宅に着いたのは深夜零時でした。





 
  1. 2015/07/17(金) 17:16:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

おとなびパス

6月帰省の時もJR西日本の「おとなびパス」を利用しましたが、7月17日でこの企画も終わるのでもう一度利用してみました。
JR西日本管内の新幹線、在来線特急などが3日間乗り放題で16000円(普通席)です。
会員制ですが50歳以上であれば誰でも無料で入会できます。
7日前までに予約がいるというハードルがありますが、キャンセル(1500円)も可能です。
JR西日本管内というと新幹線では山陽新幹線が新大阪~博多間、北陸新幹線が金沢~上越妙高間を利用できます。
座席指定は3日間で新幹線、在来線併せて4列車まで予約できて、出発前なら何度でも変更できます。
もちろん特急自由席利用は回数制限がありません。
出発日さえ決めれば3日間はどこへ行こうと勝手です。

7月14日朝、富山まで行こうと出発したのですが、予約していた列車よりひとつ早い「のぞみ」に乗れました。
自由席ですが空いていました。
新大阪でも予約列車より一つ早い金沢行き「サンダーバード」に乗れました。
最近のサンダーバードは車内販売がないのですね。
小腹が空いたので金沢まで我慢はつらいです。
新大阪を出てさっそく検札が来たので聞いてみましたらそういうことだったのです。
「どちらまで行かれますか?」と聞くので、車内販売がないなら京都で降りるといいました。
好きな区間何度でも特急に乗れる、「おとなびパス」の利点ですね。
通常の特急券はその列車だけに有効で途中下車すると以降の区間は無効になります。


NKN_7271.jpg

広島は雨でしたが、京都の空はピーカンです。


NKN_7272.jpg

中央口を出て目指すはバス総合案内所です。


NKN_7273.jpg

そう、進々堂のイートインコーナーです。
以前にも紹介しましたがここのパンとコーヒーは秀逸です。
味も良いが値段が安い、京都は美味しいものもたくさんありますが、安いといえるのはここだけででしょう。
特急ひとつ遅らせても食べる値打ちはあります。


NKN_7279.jpg

京都駅の中央口駅ビルはいつ見ても凄いですね、吹き抜けのガラス天井は巨大な空間を作っています。

ちょっと寄り道しましたが、腹も落ち着きましたので再び次のサンダーバードに乗り込みます。
これはもともと予約していた便なので予約席に座ります。


NKN_7286.jpg

金沢からは開業して間もない北陸新幹線に乗り継ぎます。
「つるぎ」号です。
名峰剱岳にちなんだ列車名のようですが、始発金沢、終着富山の各駅停車です。
といっても停車するのは新高岡だけ、始発から終着までわずか23分間の短い運転区間です。
それでも一日18往復も運転しています。


NKN_7289.jpg

案の定、車内はガラガラです。
金沢~富山の料金は乗車券970円に対して特急券2360円はちょっと高すぎますね。
でも「おとなびパス」で利用すると快適です。


NKN_7296.jpg

23分で富山駅に着きました。
シンプルでスマートな車両です、北陸新幹線初乗りは「つるぎ」号でした。


NKN_7314.jpg


今夜は富山駅近くのホテルに泊まります。
ホテルの部屋の窓ガラス過ごしの駅前風景ですが、駅舎は新幹線開業に間に合ったものlの、駅前広場はまだ盛んに工事をしていました。
写真真ん中に見えるビルは富山地方鉄道の富山駅です。
明日は早朝一番の電車で立山駅に向かいます。

今夜は飲みすぎないようにしないと…。





  1. 2015/07/16(木) 10:51:57|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Windows10 (その5) / MS Office 2016 Professional


昨日、Windows10 Insider Preview を BUild 10162 にアップデートしました。


winver10_10162.png

すでに Windows10 製品版が7月29日から入手できるような案内がありますが、今回のアップデートでかなり煮詰まってきた感じです。
現在 Windows はWindows7 Pro、Windows8.1 Pro、そしてこの Windows10 Pro を使っています。
7月29日から1年間は Windows7 または Windows8.1 から無償でアップグレードできるそうです。
Windows8 は最悪のOSでしたが、8.1はまあまあ快適。
2016年の7月くらいに Windows7機を Windows10 に載せ替えようかと考えています。


desktop03.png

スタート画面もかなり洗練されてきました。
MS も Windows8 でかなり懲りたんでしょうね。

また昨日は Microsoft から Office2016 Professional の Preview (試用)を促すメールが来ました。
12月4日まで無料試用できるようなので、インストールしてみました。
現在、Windows7 機と Windows8.1 機で Office2013 を使っていますが、
Office2016 の第一印象は 2013 とあまり変わらないな、という感じです。
なにか特に変わった点を発見したらこのブログで報告したいと思います。

話が変わりますが、私は最近PCとタブレット(ファブレット)の使用頻度割合が6:4 くらいになってきました。
時間的にいうと、8:2 くらいかと思いますが、あの小さな機械は便利ですね。
もう旅行などの時は必需品ですし、カーナビとして使っても十分な、いやカーナビ専用機より良いかもです。
Microsoft が焦る気持ちもよくわかります。
ちなみに、私のモバイルは2台ともアンドロイドです。
一台はNexus7 のWiFi 機でお家使い専用、ベッドで読書やニュースを見たり、
ネットワークミュージックプレーヤーのコントローラーとして使ってます。
もう一台は Experia の Z Ultra 6.4インチ LTE機です。
これは外に持ち出すに格好の大きさで、電池も長持ち、登山にも必ず持っていきます。
登山用には GARMIN OREGON 450 も持っていて昔は活躍してくれましたが、
今はExperia Z Ultra に山と高原地図アプリでガチ決まり。
GARMIN は防湿庫の肥やしになっています。

本当にこの世界、どこまで進歩するんでしょうか?
PHSなんてもって通話していたのはついこの間のような気がしますけど…。







  1. 2015/07/08(水) 19:33:39|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂 砂漠のアラベスク

7月になりましたがまだまだ梅雨のさなかで、そう暑くはないですね。
これから気温もうなぎのぼりに上昇して梅雨明けは暑さのピークを迎えます。

夏になると思い出す音楽があります。
アラビアの音楽ですが、昔イラクに2年ちょっと勤務していた頃現地でよく耳にした音楽です。

イラクの首都はバグダードですが、そこから南へ約600kmにイラク第2の都市バスラがあります。
私が勤務していたのはバスラからさらに100kmほど南のアル・ファオというところです。
チグリス川とユーフラテス川がバスラで合流して、シャット・アル・アラブ(アラブの流れ)になり、ペルシャ湾(アラビア湾)に注ぎます。
アル・ファオはその河口の町です。
バスラからアル・ファオにかけては夏季に尋常ではない高気温となります。
地球の極値、最高気温記録はこのバスラで摂氏58.8度です(最近、バスラの記録は53.8度の転記ミスとかいわれていますけど)。
ただし、ファオはバスラよりまだ暑いのですが、気象観測所がありませんので記録はありません。
冬は当たり前に寒く、1か月くらいは雨が降ったり氷が張ったりします。
気温の年較差が大きく60度近くにもなるのです。

そこでなにをしていたかと云うと、4100haの天日乾燥塩田を造成していたのです。
年間100万トンの塩を作るプロジェクトです。
当時イラクは石油化学コンビナートを立ち上げるため、工業塩を生産したかったわけです。
4100haというと,ゴルフコース(18ホール)が100ha前後ですから、ゴルフコースが41コース入る大きさです。
塩田の付帯設備を入れると、約7km四方でした。
着工前に造成現場の真ん中に立つと、360度地平線でした。
ときに陽炎の中、クウェイトの街なのか蜃気楼が見れることもありました。


suna.jpg

このアルバムはイラクから帰国してから、あの気だるいようなアラビア音楽を聞きたくて探し出したものです。
ファオでは毎朝コーランの読誦が大音響で流れ、日中の街中ではアラビア音楽があちこちで聞かれました。
アルバムタイトルは「砂」となっていますが、シャット・アル・アラブの河口地域では砂漠ではなく土漠です。
ファオの夏、摂氏50度を超える日は夜も40度以下にはなりません。
日本では摂氏25度以上の夜を熱帯夜、30度以上を超熱帯夜というようですが、
摂氏40度以上の夜はどう呼べば良いでしょうか?
イラクの音楽を聴いていると日本の夏を乗り切れる気がします。
好きな曲は1曲目 QANUN TAQSIM と2曲目 PASTA です。
聴いているとあの生活には過酷な土地の風景が思い浮かびます。

music-of-iraq.jpg

このアルバムは30年くらい前に買ったもので、もう入手は困難だろうと思っていましたが、
アルバムカバーはちょっと違いますが、中身の曲が同じなアルバムをアマゾンで見つけました。
試聴ができます。





  1. 2015/07/03(金) 15:50:52|
  2. My Favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

花咲か爺

Author:花咲か爺
日記帳はいつも最後まで書いたことがなかったし、ウェブログも二度開設したが続かなかった。
三度目のブログにトライで、時折々の雑事を書いて続けられたらよし。
枯れ木も山のにぎわい、花咲か爺が「枯れ木に花を咲かせましょう」。

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

未分類 (0)
山 (21)
海 (17)
植物 (22)
動物 (3)
街 (11)
旅行 (21)
神社仏閣 (11)
道具 (51)
パソコン (32)
モバイル (7)
飲食 (30)
買い物 (9)
My Favorite (17)
その他 (7)
写真 (6)
季節 (27)
風景 (6)
観光 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR