枯れ木に花を咲かせましょう

海上神殿

昨日が満月だったので今日、明日あたり大潮の満潮かと潮汐表を見てみました。

tw20150929.jpg

今日の満潮は 10:15 4.00m です。
瀬戸内海でも干満差が大きい広島ですが、4m以上の満潮位は年に数回しかありません。
天気も良いし、宮島に出かけてみました。


miyajima_0001.jpg

しばらく来ないうちに、宮島口桟橋では埋め立ての工事中でした。
フェリー桟橋も位置を変えて営業しています。


miyajima_0002.jpg

宮島フェリーはJRと松大汽船の2社が運航しています。
どちらに乗っても料金は一緒ですが、往路はJRのほうがお奨めです。
航路が大鳥居に近く、船から大鳥居と社殿を見ることが出来ます。
特に大潮の満潮時は大鳥居にさらに近寄ってサービスしてくれます。


miyajima_0003.jpg

時刻は9時半、もうかなり潮があげてきています。
早速300円払って中に入ります。


miyajima_0009.jpg

海に浮かぶ社殿の様に見えますね。


miyajima_0010.jpg

海中から立ち上がる灯篭も優雅です。


miyajima_0011.jpg

なんと石船です。


miyajima_0013.jpg

隅々まで海水が回り神社全体が船のような気がします。


miyajima_0017.jpg

廊下の床の天端が4mだと神社の人が言ってましたが、板の下端は浸かってるようです。


miyajima_0019.jpg

ついに板の隙間から飛沫が吹き上がってきました。


miyajima_0023.jpg

革靴なんかはいてる人は走って逃げています。


miyajima_0028.jpg

もう参観受付は中止したようで誰も後から来ませんが、外人さんが戻ってきて水の廊下で記念撮影です。
神社の警備員は苦虫を噛んでます。


miyajima_0030.jpg

おみくじ売り場も床上浸水、開店休業ですね。


miyajima_0043.jpg

神社関係者がいるだけで、もう観光客は誰もいません。
海上神殿を独り占めです。


miyajima_0046.jpg

床上浸水の厳島神社を予想して見に来たのですが、長靴を履いてきて写真を撮っている人がいました。
上には上がいるものですね。


miyajima_0050.jpg

私が出た後、出口を閉鎖していました、私が最後の客だったようです。
そのあと満潮時から1時間後まで、参観入場を止めていたようです。
ちょうどこの時間に来た団体観光客は見ることが出来ず帰ったようです。

今日は狙い通りのシーンを撮ることが出来ました。








スポンサーサイト
  1. 2015/09/29(火) 16:52:09|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中秋名月

今日は旧暦八月十五日、中秋の名月です。
6時半くらいから東の山影より月が出てきましたので、月見酒と洒落込んでいました。
そして明日は今年1回限りのスーパームーン。
月がおよそ27日ちょっとかけて地球を回る楕円軌道中で地球に最接近する満月の日です。
明日午前10時46分がその時刻ですが、残念ながら国内では見れませんね。


K5KN2576.jpg

しかし今日の月はスーパームーンでもなく、満月1日前の月ですが、肉眼でも一回り大きいと気づく大きさです。
そして明るさは最も遠い月の30%も明るいそうです。
写真を絞り優先で普通に撮ると月が白飛びしてしまいます。
シャッター速度優先で1/500秒、ISO100で撮影してちょうど良いくらいです。
ときに月に叢雲がかかったりしますが、月と両方取り込むのは難しいですね。

じっくりと月観るなんて初めてのような気がします。
年に一度くらい風流に浸たるのも良いですね。


NKN_8611.jpg

下界に眼を落とすと虚飾の光が瞬いています。
人間が作った風景というのはどこか空しさを感じますね。
宮沢賢治の春と修羅でしたか、自分というのはせわしくせわしく明滅する因果交流電燈の一つの青い照明なのかとか、
つまらないことを考えてしまいます。
やはり上を見て月を愛で宇宙の大きさに思いを馳せるのが良いですね。
もの思いの秋です…。








  1. 2015/09/27(日) 22:52:18|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

中華おこわ

シルバーウィークも終わりましたね。
今朝のNHKニュースでは金沢兼六園の入場者がゴールデンウィークを上回ったといってました。
行楽シーズンの秋に大型連休はいいですね。
北陸新幹線効果は大きいです、TV映像では観光客でごった返していました。
9月第三月曜の敬老の日と同週水曜日の秋分の日に挟まれて火曜日がオセロ休日となる大型連休。
土曜日も含めて5連休、あるいは木・金曜日を有給休暇消費奨励日とする企業では9連休になります。
このオセロ休日が出現する次回は2026年、次々回は2037年です。
いずれにしても私らシルバーエイジには関係のない話ですが…。

先日、実家の隣町の志賀町に住む知り合いの方が、自家営農の糯米を収穫したのでと送ってくださいました。
石川24号という品種ですが、玄米で20kgもありました。
糯米を蒸したことも炊いたこともないし、「糯米」をモチ米と読むことも知りませんでした。
いったいどうして食べようかと思案しましたが、餅はあまり食べないのでとりあえずおこわにすることにしました。
まず赤飯をと思いましたが、ささげ豆とやらが市内のスーパーに売っていません。
小豆は糯米と一緒に調理すると切腹してしまうので不向きだそうです。
ささげは隣県の備中岡山産が名産なんですがね。
なので中華おこわを作ることにしました。


K5KN2475.jpg

材料は、糯米2合、皮なし鶏もも肉1/2、筑前煮の具水煮一袋、シメジ半パック、干しシイタケ2枚です。
写真のビールは材料ではありません、調理中飲むのです、キッチンドリンカーですので。


K5KN2481.jpg

鶏肉と、筑前煮の具そして戻したシイタケを1cm位に刻みます。
鶏肉はごま油、オイスターソース、酒、みりん、おろしニンニク等適量の中に漬けこんでおきます。
えっ、正確な量?企業秘密です答えられません(笑)、いや好みでよいと思います。
糯米は20分ほど浸水しザルにあげます。


K5KN2486.jpg

おこわはやはり蒸したほうが旨そうなので圧力鍋で蒸すことにします。
昔からある圧力鍋は6リットルで圧力は0.8kg/cm2と、大き過ぎるのと圧力が低いのとで新しく調達しました。
新しいのは3.5リットルで作動圧力は100kPaと60kPaの2段切り替えです。
話は変わりますが、100kPa=100kN/m2≒1.02kgf/cm2 なんですよね。
この国際単位というのを何とかしてくれませんかねえ。
調理器具までパスカルやニュートンとか科学者の名前を聞かされると料理がまずいです。
宇宙で調理することもありませんしね。


K5KN2494.jpg

圧力鍋に蒸し目皿を置き、水を1カップ半ほど入れ蒸し目皿の上に大きく切ったクッキングペーパーを敷いておきます。
そしてフライパンか中華鍋を熱してごま油少々を入れ、鶏肉漬け汁ごとを先に炒め、そして具、ザルの糯米を入れて炒めて、
シイタケの戻し汁、顆粒鶏がらスープの素、しょうゆ、オイスターソース、酒等で作った味付けスープを、糯米の70%程度(今回は250cc)加えます。


K5KN2497.jpg

汁気がなくなったら火を落として、中華鍋の中身を全部、圧力鍋のクッキングペーパーの上に移します。


K5KN2499.jpg

圧力鍋の作動圧力を100キロパスカルにセットして(なんか科学実験してるみたいです)、中火で熱します。
圧力が掛かると赤いフロートが上がります(この圧力鍋の場合)ので弱火にしてさらに5分くらい熱して火を止めます。


K5KN2507.jpg

さらに2~3分くらいおいてから圧力を解放し、おこわをクキングペーパーごと取り出します。
ちょっと味見…、旨い!実に美味い。
手前味噌になりますけど、じつは最初からこんなにうまくできるとは思っていませんでした。
圧力鍋を使わずにせいろで作るとなると、糯米を一晩浸水させておくとか、蒸し時間も30分とか面倒ですが、圧力鍋は調理が早くて便利です。
新規設備投資した甲斐がありました。


K5KN2511.jpg

ところで、この蒸し目皿は優れものです。
メーカー純正の平たい蒸し目皿もあるのですが、鍋底から10mmしか高さがなく、あまり水を淹れれないのと材料に湯がかかるのが心配です。
この蒸し目皿は底から25mmほど上がるように足がついています。
大きさも調整できて、湾曲がおこわを蒸すのにもってこいです。
近所のホームセンターコーナンで探してきたのですが、探すとあるのですね良いものが。


K5KN2527.jpg

頂きまーす!
じつはこの写真翌日のものです。
当日のは写真を撮り忘れるほど美味くてあっという間に食べてしまいました。
糯米2合で作ると私の場合3食分になります。
次回は1合で具を多めにして2食分作ってみようと思っています。

どこかでささげ豆を探して赤飯も圧力鍋で作ってみたいし、
知り合いの栄養士さんが、蟹おこわのレシピを教えてくださったので、それも試してみようと思います。









  1. 2015/09/26(土) 12:18:42|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

辻の彼岸花

今日は彼岸の中日ですね。
昨日はスカッとした秋空なので、広島県東部の中国山地へ出かけました。
目当ては「辻の彼岸花」です。
三次市吉舎町辻の馬洗川沿いに、中国地方で一番といわれる彼岸花の群生地があります。
自宅から高速道路(山陽自動車道広島IC~尾道松江道吉舎IC)を走れば1時間30分で行くのですが、
シルバーウィークの渋滞に巻き込まれる恐れがありますし、休日割引でも1580円の通行料は馬鹿らしいです。
一般道路で80kmを2時間かけて行くことしました。
一般道を走っていくと田舎の風景が楽しくいろんな発見があります。

目的地に到着しましたが、馬洗川沿いの道路は路上駐車で車がいっぱいです。
どうにか路肩に停めますが、道路にはみ出しています。
滅多に車が通る道ではないし、来ても彼岸花を見に来る車でしょうから大丈夫でしょう。


NKN_8520.jpg

群生地へは馬洗川の橋を渡ります。


NKN_8484.jpg

彼岸花がこんなに沢山群生しているのは初めて見ました。


NKN_8425.jpg

青空とのコントラストがきれいです。


NKN_8496.jpg

毬栗と彼岸花がマッチしています。


NKN_8482.jpg

見上げれば秋の風情です。


NKN_8442.jpg

彼岸花は2週間くらい咲いているそうですが、今が盛りのようです。


NKN_8403.jpg

この妖艶な花はちょうど秋の彼岸頃に咲くので、「幽霊花」とか言われ忌み嫌う人もいますが、
「曼珠沙華」はサンスクリット語の "Manjusaka" 天上の花、仏教では吉兆とされているそうです。
球根には毒がありますが、水に晒すと毒素が抜けるので食用になり、
昔は飢饉の非常食とするために田の周りに植えたといわれてます。
私は子供の頃、白い球根をイイダコ釣りの仕掛けに縛りイイダコが良く釣れた思い出があります。



NKN_8546.jpg

ここまで来たので、ついでにほど近い国営備北丘陵公園に寄ってみました。
秋のコスモスが素晴らしいのですが、まだ早かったです。
コスモスと同じ畑に植えられているクレオメがいま盛期でいまから徐々にコスモスに入れ替わるようです。
クレオメもきれいですね。


NKN_8565.jpg

畑のほんの一部でクレオメを抑えて咲いているコスモスです。

備北丘陵公園は敷地340hrの広大な公園で、移動は車でないと無理です。
大きな駐車場が6か所ありますが、この日は好天のシルバーウィーク真っ只中でどこも満車でした。
臨時駐車場に止めてエントランスセンターまで歩き、園内循環無料バスで移動します。
7分間隔の運転でしたが、乗り場は長蛇の列です。
一体、何万人の人が入場しているのでしょうか?

私のようなシルバーエイジはシルバーウィークなどにわざわざ出歩かず平日に活動すべきでしたね。
まっとうに働く人たちのせっかくの連休にお邪魔虫がウロウロと、まして子供連れ家族ばかりの中へ…。
ものすごい場違い感にハッと気づき早々に立ち去りました。








  1. 2015/09/23(水) 09:28:01|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

能美島 砲台山 (その2)

三高港の桟橋からスクーターで出発です。
砲台山頂上まで約7km、車道を歩けば登り2時間半コースでしょうね。
スクーターにして正解でした。


NKN_8239.jpg

林道に入ってしばらく登ると島にしては大きいダムがありました。
上水道や農業用水の水源のようです。


NKN_8249.jpg

砲台跡下の駐車場に着きました。
写している私の後ろにも広い駐車スペースがありますが、車は1台も停まっていません。


NKN_8259.jpg

かなり広いエリアに砲台跡があるようです。


NKN_8251.jpg

木立の切れ目から三高港と似島、そして遠く広島の市街が見えます。


NKN_8264.jpg

何やら古い建造物が見えてきました。


NKN_8261.jpg

大砲の写真があります。
この大砲はえらい上を向いています。
山なりの弾道で飛んで行く曲射砲とか説明してあります。


NKN_8262.jpg

円形の部分が砲座で回転するようになっていたんでしょうね。


NKN_8324.jpg

砲座を上から見てみました。
このような砲座が北砲台に2基づつ3箇所あり、南砲台にも1箇所ありました。


NKN_8273.jpg

兵舎跡です。
兵隊はここで寝起きしていたようです。


NKN_8276.jpg

弾薬庫です。


NKN_8281.jpg

弾薬庫の内部はかなり広いです。
きれいに修繕されていて照明器具までついています。
ということは電柱はなかったが地下ケーブルで電力がきているのでしょう。
窓やドアもしっかりしていて、寝袋でも持ってきたら泊まれそうです。


NKN_8291_stitch.jpg

弾薬庫の前はパノラマ展望台で素晴らしい景色が観れました。
左に宮島、右に似島そしてその間遠方に広島市街が一望です。
砲台山(三高山)は標高401.8m。
前方の宮島弥山は535mですが瀬戸内海風景としてはこちらのほうが良いですね。
弾薬庫に泊まるとオーシャンフロントの山小屋ですね。
ここでキャンプしたくなりました、でも管理者に叱られるでしょうか?


NKN_8321.jpg

この砲台は明治時代に日露戦争の直前、両国間の雲行きが怪しくなったころ、
南進政策をとるロシアのバルチック艦隊の侵攻を阻止するために作られたものです。
一度も砲撃がされることもなく廃止されたわけですが、いまも残る建造物は異空間の趣があります。


NKN_8247.jpg

この砲台跡は規模の大きさと保存状態から、土木学会の土木遺産に指定されています。


NKN_8350.jpg

砲台山からの下りは三高港より南西に位置する美能漁港に降りてみました。
三高港からの林道も狭いながら全線舗装路でしたが、こちらのほうが幅員も広く良い道路でした。
美能漁港は集落の東西に港を持つ珍しい漁港です。
正面には宮島が見えていますが、いわゆる裏側で、厳島神社は山の反対側になります。


NKN_8354.jpg

美能からは三高港を通り過ぎて江田島の切串港まで走り、切串~宇品のフェリーに乗りました。
ついでに海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校)を見学しようと思ったのですが、次の見学時間まで2時間待ちであきらめました。
切串~宇品間は江能のフェリーのなかで一番距離が短く、運賃も原付と旅客ともで830円です。


NKN_8358.jpg

広島港宇品まで30分の航行です。
瀬戸の多島美を眺めrながらの船旅は楽しいです。


NKN_8373.jpg

前方に市内唯一の瀬戸内海国立公園である元宇品の原生林とプリンスホテルが見えます。
あの左側を過ぎると宇品の港です。


瀬戸内海の小クルーズ + 砲台山の短い旅は終わりました。
砲台山への道路ではすれ違う車や追い越す車もなく、砲台跡も無人でした。
一人で見て回る日露戦争時代のレガシーは異次元に迷い込んだようにも思えました。
広島には原爆ドームという太平洋戦争の負の遺産がありますが、それより遥か昔の戦争遺産です。
島嶼部にあるからこそ開発に侵されず今も残っているのかと思います。
山もいいですが、たまに海の上へ出かけてみるのも良いですね。

海を渡って島の山に登るという一挙両得の一日でした。







  1. 2015/09/20(日) 16:46:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

能美島 砲台山 (その1)

シルバーウィークの初日ですね。
私らシルバーエイジには無関係な出来事です。

今日は好天に誘われて能美島の砲台山に行ってきました。
能美島と云うと県外の人にはわからないでしょうけど、江田島と同じ島になります。
江田島は能美島の半島部分というと江田島の人に叱られそうですが、じつはその通りなのです。
江田島は旧海軍兵学校で有名ですが、能美島地区のほうが大きいのです。
砲台山は正式山名が三高山と云い、海抜401.8m の山です。
山歩きのトレーニングにと思い目星をつけたのですが、良く調べると頂上付近まで車道がありました。
私は別に、わが足でなくとも高いところに立ち、絶景を眺めればよしとしています。
なので、今回は愛車スクーター君を連れて行くことにしました。


NKN_8149.jpg

宇品の広島港旅客線ターミナルから、能美島三高港行きフェリーに乗って出発です。


NKN_8173.jpg

行く先には似島と宮島が見えます。


NKN_8200.jpg

この瀬戸内海の多島美はいいですねー、今回は山もそうですが海の眺めも目的の一つです。


NKN_8216.jpg

護衛艦とすれ違いました。
錨泊しているかと思ったのですが、超微速で前進していました。
これも訓練の内ですかね?


NKN_8232.jpg

広島港行きのフェリーとすれ違います。
この島嶼部の大切な足となっているフェリーや旅客船は、利用客の総数から考えても安いと思います。
広島港~三高港のスクーター + 旅客で1100円です。
ゆっくりと瀬戸内海の眺めを堪能できてこの値段は安いです。
観光用の高速船はこの倍以上の価格ですからね。


NKN_8235.jpg

広島港を出発して40分、三高の港が見えてきました。
背後の山が砲台山でしょうか。


この続きはまた明日に。








  1. 2015/09/19(土) 18:49:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

フィッシング詐欺サイト

先ほどGoogle Chrome を起動してリンクサイトに移動しようとしたら小さなポップアップが出てきました。
Chrome のアンケートのようです。
アップルウオッチが99円で買えるとか書いてもあります。
4つくらいでしたか簡単なChrome 使用の質問が出てきたので答えると、

fishing00.jpg

こんな画面が出てきました。
Google にしてはお粗末な文面でかってこんな事があったことはありません。
とりあえず適当に記入して「続ける」ボタンを押してみました。

fishing02.jpg

クレジットカード情報の入力画面になりました。
ここで詐欺サイトとはっきり判りました。
99円くらいならいっそ無料でくれれば良いわけで、明らかにカード情報を釣り上げるフィッシング詐欺でしょうね。
それにしてもGoogle Chrome のアンケートで景品に商売敵のApple 製品を使うなんて、人を馬鹿にしてます。
景品が Nexus6 だったら引っかかったかな?(笑い)。

ネットでググってみるとたくさん出てきました。
Chrome を使ってるとGoogle利用者調査とかでカード情報を入力させるフィッシング詐欺についての記事です。
Chromeを利用しているようですが、閲覧先のサイトに仕掛けられているようです。
7万も8万もするアップルウオッチが99円なんかで手に入る訳がありませんよね。

危ない危ない…。








  1. 2015/09/13(日) 16:39:19|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

広島港宇品地区

関東、東北地方の豪雨災害では大きな被害が出ていますね。
本当に自然の力は怖いです。
被災地方の皆様にお見舞いを申し上げます。

昨日のこの地方は秋霖の合間の快晴になりました。
瀬戸内海と船を間近に見てみたくなり広島港の宇品地区に出かけました。

NKN_7949.jpg

広島港宇品旅客ターミナルには広島電鉄のバスや電車が乗り入れています。


NKN_7951.jpg

このターミナルからフェリーや高速船で、島しょ部や四国松山などに海を渡っていきます。


NKN_7942.jpg

道路を挟んでターミナルの反対側は駐車場や公園、イベントスペースなど広大なエリアになっています。


NKN_7969.jpg

船の接岸施設は4mもある干満差のため、すべて浮き桟橋(ポンツーン)形式です。


NKN_7983.jpg

ターミナルビルの屋上に上がってみました。
陸側は小都会の風景が広がります。


NKN_7987.jpg

真下の浮き桟橋に松山観光港行きのスーパージェットと呼ばれるカタマランの高速船が接舷していました。
この桟橋、PCコンクリート構造ポンツーンで完成当時は東洋一でしたが、
私が勤める会社も運輸省(当時)第三港湾建設局から受注して建設工事にかかわりました。
今もこうして眺めているといろんな思い出が脳裏をめぐります。


NKN_7990.jpg

ちょうど昼になりましたのでターミナルビルにあるインド料理店で昼食にすることにしました。


NKN_7992.jpg

インド人のコックが調理していますが、北インド料理です。
ナンは大きくて半分に切って皿に盛っていましたが焼きたてで美味しかったです。
カリー(マサラ)の味はいまいちで、自分で作る南インド料理のチキンカリーマサラのほうが数段旨いと思いました。
この店で気に入ったのは、左端に写っているグラスです。
デュラレックスのピカーディーでフランス製です。
インドやスリランカではどの店も、このピカーディー模様でラムネのビンのように青く気泡などが混ざっているバチもんデュラレックスばかりでした。
この店のは本物。
ヨーロッパのカフェではほとんどこのデュラレックスを使ってます。
安い(日本では高い)のと、落としても割れにくく、万一割れても粉々になる強化ガラスなのと、
ピカーディーはスタックできる形なので省スペースだということから使われているのだと思います。
まっ、しかし自宅でもデュラレックスを使っていますし、この店には再び来ることはないでしょう。


NKN_7994.jpg

旅客ターミナルから東側の元宇品地区に行ってみました。
ここは広島市内唯一の瀬戸内海国立公園内です。
突き当りにはグランド・プリンスホテル広島が建ち国立公園の雰囲気をぶち壊しています。
道路脇にボラード(係船曲柱)が並んでいます。
このボラードに車からもやい綱をとって駐車しておくと駐車違反にはなりません。
というのは嘘!
でもこのボラードはダクタイル鋳鉄製でお金がかかってます。


NKN_8004.jpg

広島プリンスホテル裏の渚です。
ここから海岸の散歩道が広島港宇品港内まで続いてます。


NKN_8008.jpg

似島の安芸小富士とその右遠方に宮島が見えます。


NKN_8022.jpg

宇品灯台と海越し遠方は呉方面です。


昨日はやっと初秋の好天で爽やかな一日でしたが、今日はまた前線の影響か曇り空です。
私は四季では秋が一番好きなのですが、秋霖やら台風やらいろんな秋があるので困ったものです。






  1. 2015/09/12(土) 15:04:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Windows10 (その7)

秋霖の雨つづき、そして先ほど台風18号が東海地方に上陸したようです。
広島地方は風雨ともに穏やかですが、東海、近畿、北陸地方は大雨が心配ですね。

10日ほど前に Windows10 Insider Preview がBuild 10532 にアップデートされました。

winver.png

前回のアップデートでは評価版有効期限が削除されていましたが、今回2016年7月となっています。

sysinfo.png

Windowsのエディションは、Windows10 Pro Insider Preview です。

そして一番の改良は Cortana の 日本語PC版が組み込まれたことです。
Cortana はWindows Phone に組み込まれていた音声検索機能です。
PC版は英語版ほか数か国語版には早くから組み込まれていたのですが、日本語版にもやっと来ました。

cap000.png

デスクトップ左下の「何でも質問してください」というバーのマイクの絵をクリックすると音声入力窓が立ち上がります。
(もちろんマイクは必要で、あらかじめセットされていなければいけません)
マイクに向かって音声入力すると、答えを返してくれます。
例えば、
「オフィス エクセルを開く」とか云うと、エクセルが立ち上がります。
「今日のニュース」では、エッジが立ち上がって主なニュースが表示されます。
アプリケーションの立ち上げはアイコンをクリックするほうが早いですが、
長ったらしいキーワードでのインターネット検索ではタイプするより有利です。

いま使っているアンドロイドファブレットではタイプがめんどくさいので Google の音声入力をよく使います。
スマホやファブレットのような小さいタッチパネルでは音声入力が本当に便利です。
PC版の Cortana の音声入力も便利ですが、Cortana にタイプ入力もできますので、
タイプが早い人はタイプのほうが良いかもしれません。
音声内容の判定はかなり優秀ですが、アンドロイドの Google 音声入力に比べると少し甘い気がします。
この点は今からもっと改良されると思います。

Windows10 に標準で組み込まれているエッジも最初はかなり戸惑うところがありましたが、
いまはなかなか良いかなと思っています。
そのほかのブラウザについては、Google Chrome(64bit) が立ち上がらなかったりしています。
対策はあるようですが、面倒なので Chrome と同じChromiumからの派生ブラウザの Comodo Dragon を使っています。 

製品版WIndows10 はまだ使ったことがないので知りませんが、Preview版はかなり快適です。
他にWindows7 Pro、Windows8.1 Pro のデスクトップもありますが、当分はアップグレードせずにそのまま使おうと思っています。







  1. 2015/09/09(水) 10:53:29|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

花咲か爺

Author:花咲か爺
日記帳はいつも最後まで書いたことがなかったし、ウェブログも二度開設したが続かなかった。
三度目のブログにトライで、時折々の雑事を書いて続けられたらよし。
枯れ木も山のにぎわい、花咲か爺が「枯れ木に花を咲かせましょう」。

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

未分類 (1)
山 (25)
海 (18)
植物 (23)
動物 (3)
街 (12)
旅行 (26)
神社仏閣 (11)
道具 (52)
パソコン (32)
モバイル (7)
飲食 (30)
買い物 (9)
My Favorite (17)
その他 (10)
写真 (6)
季節 (29)
風景 (6)
観光 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR